インドネシアの古都ジョグジャカルタにあるプランバナン遺跡、ボロブドゥール遺跡を訪れた事があります。インドネシアはジャカルタから入国し、1泊してから飛行機でジョグジャカルタに到着しました。

ジョグジャカルタはインドネシアのなかで旧王家の王の存続が正式に認められている特別州で、日本でいう京都のような位置づけになる都市です。しかし、人に関しては人懐っこくて明るい人が多く、少し大阪人に似ているような気がしました。

宿からバスを乗り継いで、まずはボロブドゥール遺跡へ行きました。直接マイクロバスで現地へ連れて行ってくれるツアーもあったのですが一人で行ってみたくて約1時間半くらいかけて行きました。ボロブドゥール遺跡は世界最大級の仏教寺院遺跡です。とにかく大きさに圧倒されました。残念な事に遺跡に関する知識をほとんど持っていなかったのですが、それでも緻密なレリーフの美しさや遺跡の大きさ、歴史的な価値を目の当たりにしてとても感動しました。

その遺跡で写真を撮ってもらおうと、警備員にお願いしたところフレンドリーな人で、遺跡のブッダと同じポーズをしろとか、ボロブドゥールはどうだとか話しかけられました。彼氏はいるのか、ジョグジャの男はどうだ、とか色々聞かれました。現地の人とちょっとしたコミュニケーションを取るのは嫌いではないので、面白い体験でした。

翌日もまた一人でプランバナン遺跡へ行きました。プランバナンはヒンドゥー寺院遺跡と仏教寺院遺跡があります。こちらも素晴らしく、古い時代に思いを馳せて、しばし郷愁に浸りました。公園になっているので緑が多く歩いていても気持ちが良いのですが、ただ暑さには参りました。もし、行かれる方がいたら熱中症には気を付けて下さい。

ジョグジャカルタ市内ではよくバスに乗りましたが、車掌さんに行先を言っておくと下りる場所できちんと教えてくれます。インドネシアはいい加減な人やずるい人が多いという話も聞いていましたが、私があった人は大方親切でした。ジョグジャカルタ観光が良い思い出になったのは間違いありません。

こちらもチェック!人気コンテンツ!