大寒波のアメリカに旅行に行った体験談

私はアメリカのフィラデルフィアに友人が住んでいるので、度々海外旅行に出かけることがあります。とはいっても、友人に甘えちゃってるので、英語は海外旅行 英語レベルくらいですが。

大抵は休暇が取れてどこへ行くにも楽な夏に出かけるのですが、その年は友人からクリスマスパーティーに誘われて冬に行くことにしたのです。

その年はアメリカは「ブリザード」と呼ばれる大寒波がやってきていました。私は夏はレンタカーを借りて自分で運転していくのですが、空港に着いた途端大雪で全く運転はできませんでした。

仕方ないのでタクシーでホテルまで行き、友人に迎えに来てもらうことにしたのです。翌朝も酷い吹雪で、私は日本から持ってきている洋服ではとても足りないと思いました。

そこで友人に頼んで近所のショッピングモールで洋服を買い足すことにしたのです。

ショッピングモールで買い物をした後に食事をして、いざ出発となった時に、車がほぼ雪に埋もれてしまっていることに気づきました。

駐車をしている車全体が白い小山状になっていて、車体が殆ど見えません。雪をかき分けて友人の車を探し、エンジンをかけて窓の雪をワイパーで払います。

発進できるまで10分以上かかり、寒くて凍えそうでした。アメリカでは基本的に駐車場では頭から車をいれます。

バックで入るのは日本人だけで、アメリカでそれをしているとバカにされるとのことです。ところここまで雪が積もっていると、頭入れをしてバックで出ようとしても、他の車が全く見えません。

後ろで手招きをして車を出し、やっとスタートができました。アメリカでは大雪でもチェーンを付けている車は殆どありません。その為に坂道では皆がスロースピードで、一台ずつ走行していきます。

しかし誰も怖がらないので不思議に思っ他のですが、友人曰く「怖がっていたら誰も外出できない」そうです。

友人の家に着いた頃は、腰まで雪が積もっていました。取りあえず雪かきを手伝い、そこからクリスマスパーティをしました。

冬のアメリカ旅行は楽しかったけれども運転がヘタな私には向いていない、そう思いました。

こちらもチェック!人気コンテンツ!