大学の卒業旅行で、友達と6人でイタリア・フランスに行きました。

ヨーロッパへの旅行は初めての経験だったので、事前にそれぞれ旅行誌を買って、各々行きたいところをピックアップして、旅行をとても楽しみにしていました。

旅行自体は飛行機や、イタリア・フランス間の移動はツアーコンダクターが付いて、各地では自由行動というプランになっていました。

まず最初にイタリアに到着し、スペイン広場でそれぞれ解散という形になりました。

私たち自身も6人でお店を見て回るのはなかなか大変だったので、2人ずつに分かれて行動し、夕ご飯のレストランの場所を決めて、そこに○時に集合という方たちにしました。

集合時間になって、レストランの前には4人、あと一組がなかなか戻ってきませんでした。

連絡手段もなかったため、ひたすら待っていると、10分ほど過ぎたころに戻ってきました。

ですが、戻ってきた2人の表情は暗く、何か良くないことが起こったことがわかりました。

事情を聴いてみると、なんとお財布をすられてしまったとのことでした。

卒業旅行初日にまさかのお財布をすられるという展開…

自分たちだけではなす術もなかったため、コンダクターのいるホテルにとにかくもどることに決めました。

夕飯を食べようと思っていたレストランに後ろ髪をひかれつつもその場を離れました。

ですが、何かしら夕飯を食べなければならないため、結局マクドナルドで夕飯を買うことに決めました。

せっかくの卒業旅行で、しかも一日目で、旅行初日の夕飯がまさかのマクドナルドになるとは、だれもが予想しませんでした。

さらに、大変だったのは、すられたお財布の中にキャリーケースの鍵が入っていたことでした。

結局、フロントの人にキャリーケースを壊してもらって、中の荷物を出していました。

ということは、そのキャリーケースは鍵が閉まらないのでもう使えません。

その結果、卒業旅行2日目は友達のキャリーケースを買いに行くところから始まりました。

旅行前に立てていた計画とは全く違ったものになり、苦い思い出の卒業旅行となってしまいました。

さらに加えると、このあとさらに、友達が2回も寝坊をして、空港への移動のバスに遅刻してきたりと、様々問題があり、なかなか楽しめずに終わってしまったという結果になってしまいました。

こちらもチェック!人気コンテンツ!