シンガポールのタクシーは危険!悪質な運転手も

私は、海外旅行が趣味で、たくさんの国へ旅をしているのですが、いろいろな交通機関を利用したことがあります。その中でも一番印象に残っているのが、シンガポールでのタクシーの経験です。

私たちは、友達とシンガポールでご飯を食べるために、タクシーを利用することにしました。

そのシンガポールはフリープランだったので、添乗員付きのプランではなかったのです。現地では、タクシーが安いため、タクシーを利用したほうが良い、ということがツアーガイドなどにも書かれていたので、タクシーを利用していました。

夜ご飯に行こうと思い、滞在していたリッツカールトンホテルに、タクシーを呼んでもらうように伝えました。すると、タクシーの運転手が、リッツカールトンホテルの前に停止し、私たちに挨拶をしてくれ、そのまま乗車しました。

私たちは、「ホテルの方が呼んでくれたタクシーなので信頼できるだろう」と思っていましたし、ホテルにくるタクシーが悪徳なタクシーだとは全く思いませんでした。またシンガポールは日本と同様に治安のよい国ということで、夜に出歩くのも問題がない、と聞いていたので、全く不安に感じていませんでした。

そのタクシーに乗車した後、その運転手は女性の方で、大変優しそうな方でした。

私たちに、旅は初めてなのか、ということなどを話しかけてくれたり、シンガポールのおすすめスポットなどを伝えてくれました。

なので、私たちは全く疑っていませんでした。

しかし、しばらくタクシーで走っていると、メーターが異様に高くなっているのに気づきました。普通、シンガポールではタクシーは格安で、それほど高い金額でないのにも関わらず、少しの距離なのに日本円で、4千円程度の金額に跳ね上がっていました。

私たちは、さすがにおかしい、と思い、この辺りで良いので、おろしてください、というと、運転手は豹変し、ナイト料金なのでさっさと支払え!と怒鳴りつけ、私たちをおろす前に態度が激変しました。とても怖かったです。

こちらもチェック!人気コンテンツ!