夫婦になって10周年というアニバーサリーはやはりお互いが大好きなきれいな南国の海がいいということで、アジアのフィリピンのリゾート地であるボラカイを選びました。ここはアジアの中で最高ランクに入るほどのビーチであり、度々話題になるところです。

ここでのんびりしようということになり、4日間のホテル滞在をすることになりました。ホテルはビーチ沿いの賑やかなところではなく、ちょっと丘になっている静かなところで1時間に1本メインの繁華街まで送迎をしてくれるホテルを選びました。

ボラカイ島はフィリピンの有名な観光地ですが、思ったよりも狭くて道が窮屈そしてアジアにしてはちょっと高いレストランが多いということで意外な感じがしました。ですがそれ以上にショックだったのが、ここに来ている人たちのほとんどが韓国人次に中国人、そして少しの日本人という感じで白人はわずかにいるという程度です。そこらじゅうに聞こえる韓国語と中国語にうんざりしてしまいました。そしてお店のあるエリアも人だらけであり、うるさくてリゾートに来たのになんなのこれは、という気持ちになってしまいました。

それで日中はできるだけこのエリアを避けるようにして早朝ここに来て海を見て、その後は別のビーチに行こうということにしました。すると早朝のホワイトビーチは本当にきれいで見事なまでの透明度、そして白い砂が本当にきれいで美しいのです。これを見たときに、確かに写真で見ているような景色だと思いましたし、ここまで来た甲斐があったと思いました。

でもそれもつかの間ですぐに韓国人が次々と海に入ってくるので、すぐにここは引き上げることにしました。その後はホテルのプールでのんびりしたり、ちょっと静かできれいで岩が多いプカビーチにバイクタクシーで行って、遊んだりシュノーケリングを楽しんだりして、良い思い出を作ることができました。10周年のアニバーサリーのロケーションとしては最高でしたが、韓国化してしまっているリゾート地だったのはちょっと残念でした。ボラカイ観光は海がメインですが、展望台や現地の食事、そしてショッピングなど楽しめるところがあり、こじんまりとまとまっている賑やかなエリアという感じがしました。

こちらもチェック!人気コンテンツ!