私はアメリカのフィラデルフィアに住んでいる友人に会いに海外旅行をした時に、一人の時はレンタカーで色々な場所に出かけて観光をしていました。ある時、友人がお勧めのショッピングモールを紹介してくれました。

私は特に買い物の必要はないからと言ったのですが、友人から「とにかく大きくて一日では回り切れない程だから、行ってみる価値はあるよ」と言われたのです。

そのショッピングモールは「キング・オブ・プラッシア」といい、州で一番大きなモールだそうです。私は「そんな一日で回り切れないモールなんてある筈がない」と思い、半信半疑で出かけてみました。

一時間程で到着して見たところ、確かに大きなモールでした。しかし3階建てで奥行きはありましたが、2時間程で全て回り切ってしまい、ちょっとした小物を買って「こんなものか」と帰ってきたのです。

友人にそれを話したところ「そんな筈はない、とにかく巨大でデパートが9つ入る程だ」というのです。私が入ったモールを話すと、「それは’ゲートモール’だろう、入り口にある小さなモールで、その奥に本館がある筈だ」というのです。

私はびっくりして翌日、再びキング・オブ・プラッシアに出かけました。昨日来たモールの後ろを見ると遥かかなたにドーン!と巨大な建築物が見えたのです。あまりにも距離があるので分からなかったのでした。

あいにくキング・オブ・プラッシアは内部でケーキを割った様に半分シートで覆われていて、半分改装中でした。こんなもんだと思い散策をしたのですが、友人の言う通りその半分のモールですら一日で回り切れなかったのです。

朝の10時に到着して気が付いたら4時、脚が疲れて頭がぼーっとしていました。私はアメリカのショッピングモールの凄さを始めて知りました。

あれ程の巨大な施設を建築できる土地があるというのもスゴイことです。帰り際には自分の車まで見失ってしまい、探すのに苦労をしました。また来る機会があれば、見られなかった半分を見て回りたいと思っています。

こちらもチェック!人気コンテンツ!