友達と一緒にバルセロナの観光バスに乗りました

私は友達とスペインを旅行していて、バルセロナで半日観光バスで観光することにしました。私は英語が話せるので、英語の観光バスに参加しました。残念ながら私たちが泊まっていたホテルでは日本語の観光バスは出ていなかったのです。それで英語の団体に混ざって行くことにしました。

私たちは2階建バスの2階の一番前の座席を確保して、観光を満喫しました。

ガイドは金髪のおかっぱ頭の女性で、私たちはすぐにその女性に「金カッパ」というあだ名をつけました。

観光バスは要点要点を回ってくれるので、自分たちで見て回るよりも効率良く市内を見て回ることができて良かったです。途中でピカソミュージアムにも寄って、金カッパの案内を聞き、それを日本語に訳して友達に伝えるという手間がかかりました。友達は旅行 英語さえままならないほどに英語が全くわからなかったのです。

フランスはパリでもナイトツアーという観光バスに乗りました。なかなか夜中は出歩かないので、夜のパリを見物するには観光バスがいいだろうということになりました。

出発地までタクシーで行って、夜のパリを見て回りました。すごく綺麗でした。その時も案内は英語でした。夜のエッフェル塔がとても綺麗でした。セーヌ川の両側にある教会などがライトアップされて昼間とは違った雰囲気で素晴らしかったです。

3時間ほどの観光でしたが、一人では見に行けないところに行けて本当に良かったと思います。

昼間は主要な観光地には自分の力で行くことができるので大丈夫でした。

母と一緒にパリに行った時には、母が父と一緒に来たかったと何度も言うので、その次にパリに行く時には父も一緒に行くことにして、母の願いを叶えました。両親は仲が良いので、パリを二人で腕を組んで歩いて、とても幸せそうでした。そして、両親と一緒にベルギーのブルージュに行った時は秋の紅葉の季節でとっても綺麗でした。川下りのツアーに参加しましたが、案内がフランス語だったので、さっぱりわかりませんでした。

こちらもチェック!人気コンテンツ!