近所のコミュニティセンターでの英会話教室

5-6年前、近所のコミュニティセンターで英会話教室が開催されていると知って参加してみることにしました。

そのコミュニティセンターでのサマーフェスティバルに参加した時に、掲示板にあるチラシを見かけたからです。

私は学生時代英語が好きだったのですが、大学卒業後は全く使う機会がなく、英語が錆びれていく一方なのを寂しく思っていたので良い機会だと思ったのです。

当時長女が2歳で、普通の英会話教室に行くには家計を圧迫するし、時間的にも厳しいものがありましたが、このコミュニティセンターには保育士さん付きのキッズルーム(しかも無料!)があったし、英会話教室の月謝も3000-4000円でかなり安かったのです。

教室に行ってみると、恰幅の良い男性が立っていましたが、どう見ても日本人で、金髪碧眼の男性を思い浮かべていた私は拍子抜けしました。

先生は韓国人、牧師としてアメリカに10年以上赴任し、今は日本で活動しているとのことでした。

授業は私の他3人の近所のおじさん、おばさん達で、最初はスピーキングの練習。

今週どんなことをしたか、というテーマを英語で話し合いました。

最後20分ほど、聖書を読みその意味を考える時間で、ここら辺が牧師さんらしい英会話教室だったな、と思います。

1週間、英語の本で言い回しなどを覚えて、英会話教室でアウトプットするのはとても楽しく、1人で黙々と勉強しているよりも効果的だったと思います。

やはり、人間(特に私は)は必要にならなければ本気にはなれないので。

とても楽しく学習していましたが、第2子を妊娠し、出産、しばらくレッスンをお休みしていた頃に、東北地方太平洋沖地震が起こり、福島の原発から放射線が漏れているという話になりました。

しばらく経って、先生から電話がかかってきて、

「危険なのでアメリカに帰ることになりました。会えないままお別れなのは残念です。ごめんなさい。」

と言われ、突然英会話教室は中止になってしまいました。

残念でしたけど、有意義でとても楽しい時間だったと思います!

こちらもチェック!人気コンテンツ!