妻と一緒にグアムを旅行したとき、ホテルの近くにあったイタリアンレストランで食事をしました。このレストランは日本にも支店を持つ、有名レストランです。そして自分と妻は日本にある支店で以前食事をしたことがあったために、ここでのメニューについてはある程度知っているつもりでした。

それぞれパスタを一品ずつオーダーし、それだけでは足りないだろう思い、ライスコロッケをオーダーしました。まずパスタがテーブルに運ばれてきました。このパスタのボリュームは明らかに日本にある支店で出されるものよりも多く、二人で一皿でもよかったのではないかと思わせるほどでした。その後ライスコロッケが運ばれてきました。自分はかなりの大食いですが、このコロッケの大きさを見た瞬間、食べきることができないと感じました。

大きなコロッケが高さのある皿にのせられ、その周りには美味しそうなスープが添えられています。そしてコロッケを割ってみみると、その何とその中にはハンバーグが入っていたのです。いい意味で期待を裏切られた食事でした。もちろん値段は日本で食べるのとほぼ同じです。

結局二人ともパスタを食べきることはできませんでした。そしてライスコロッケに至ってはほとんど手をつけることができなかったのです。そのため余ったパスタ、そしてライスコロッケはお持ち帰りしました。パッキングしてくれたスタッフに「食べ切れなくてごめんなさい」と一声かけると「少ないと思ってたくさん注文し、食べきれずにお持ち帰りするお客さんはたくさんいます」と笑顔で答えてくれました。恐らくそのようなお客さんの多くは日本人なのではないかと思います。

ホテルに持ち帰ったパスタとライスコロッケは、次の日の昼食になりました。残り物ではありましたが、お腹がいっぱいになったのを今でも覚えています。この出来事をきっかけに、外国のレストランで食事をするときはオーダーし過ぎることがないよう、注意しています。

こちらもチェック!人気コンテンツ!