格安航空会社を利用した際のトラブル

アジア、ヨーロッパを半年ほどかけて周遊した際、格安航空会社をよく利用しました。おそらく6社くらいの格安航空会社を利用して、おおむね満足していたのですが、ちょっとしたトラブルはありました。

そのうちの最初はほんのちょっとした事なのですが、エアアジアでマレーシアのクアラルンプールからタイへ行くチケットの予約の時に少し不満に思う事がありました。クアラルンプールの都市中心部から空港までは1時間ほどバスか電車に乗らなければなりません。

エアアジアのチケット予約のオプションでバスのチケットも併せて取得できるようになったいたのですが、どうゆうわけか、空港からクアラルンプール中心部へ行くチケットが表示されていたのです。帰りですから、必要になるのはクアラルンプール中心部から空港へ行くバスチケットなのです。私は誤って、この空港からのバスチケットを予約し、航空券とともに支払いまで済ましてしまったのですが、後からその誤りに気付き、エアアジアのコールセンターに電話をしましたが払い戻しは一切できないとの事でした。

このミスは日本円にしてせいぜい6~700円くらいだったので、あまり気に留めないようにしました。しかし、その後、ヨーロッパの格安航空会社で少しお財布に辛いミスをしてしまいました。

ドイツのベルリンからケルンという都市に行く際、ヨーロッパで有名なライアンエアーという格安航空会社のチケットを予約しました。通常、これまで利用した航空会社では予約した後は空港で予約番号もしくはパスポートを見せて、チェックインとチケットの発行を行っていました。

ベルリンの空港に到着して、予約番号を見せたところ、受付スタッフが少し困った顔をしました。その後、上司らしき人が来て、英語のままならない私にゆっくりと事前のオンラインチェックインと航空チケットの印刷が必要な旨を説明してくれました。それらが済んでいない場合は60ユーロほどの追加料金が必要と言われました。仕方なく別の窓口へ向かい、追加料金を支払いました。

だいぶ旅慣れしてきたと自分でも思っていたところの、手痛いミスでした。ちなみに予約したサイトや送られてきたメールは全て英語でした。結局は自分の英語力の至らなさも原因なので英語の勉強も兼ねて、一度利用した航空会社でも利用規約画面でチェックインが必要かじっくり読むようになりました。

こちらもチェック!人気コンテンツ!