楽しみも多い海外のホテルは格安でも人気ホテルチェーンに泊まれますし朝食ビュッフェも素晴らしい

海外旅行する時、いつも楽しみにしている事は宿泊先のホテルです。

物価が日本より格段と安い東南アジアなどの国では、少しの費用で憧れの非常に高級ホテルチェーンへと宿泊出来たりします。

上海へ旅行した時は安値でリッツカールトンやシェラトンに泊まったり、バンコクでも一万程度でウェスティンに宿泊したりしました。

普段は出来ない贅沢な高級ホテルでの時間を味わうための手段としても、私は海外旅行に出かけることすら有ります。

ただ、そのような高級ホテルチェーンや有名ホテルであればよほど建物が古くないかぎりは設備が良いことも多いですが、あまり名が知れてないホテルや古いホテルだと散々な目に遭うこともあります。

以前、ベトナムのホーチミンへ旅行した時に連泊したホテルですが、シャワーからお湯が全く出てこずに水しか出ませんでした。

フロントへ伝えてもそっけない対応で埒が明かない雰囲気で、仕方がないので水でシャワーを済ませることにしたのですが、とても寒くてその後しばらく風邪気味な日々が続いてしまいました。

同部屋で宿泊していた友達も水しか出ないシャワーには困り果てていました。

また、海外旅行でホテルを利用した際には、必ず名前を覚えておいたり、フロントに置かれているホテルの名刺をもらっておくことにしています。

ホテルに宿泊後にどこか外食したり出かける時でも、ホテルの名刺をもらっておくとそれを見せるだけで言葉が通じにくいタクシー運転手にも行き先が通じたり、万が一何かトラブルにあってしまった時でも安心だからです。

タイのバンコクへ出掛けた時、団体ツアーでチャイナタウンを散策していたのですがうっかりはぐれてしまい、ツアー参加者から置いてけぼりになったことがありました。

その時は途方に暮れたのですが、大きなデパートへ入って助けを乞い、かばんに入れていたホテルの名刺を見せて、タクシーを呼んで無事ホテルに戻ることが出来て涙が出るほど安堵しました。

海外旅行のホテルで個人的に一番好きなものは、朝食のビュッフェです。

多種多様な国の宿泊者に満足してもらえるように、色々なメニューが取り揃えられてたり、豊富なフルーツやパンが食べられて非常に幸せな気持ちになります。

いつもつい食べ過ぎてしまうのが悩みですが、海外のホテルに泊まると朝食ビュッフェが楽しくて幸せで堪らないです。

高級ホテルチェーンだと焼き立てのプディングや美味しい種類豊富なパンが用意されてたり、シェフがその場で作ってくれるオムレツがあったりもするので、朝から満たされます。

こちらもチェック!人気コンテンツ!