私の海外旅行保険活用方法

私が最初に旅行に行ったときには成田空港で海外旅行保険に加入しました。その旅はイタリアにいく旅だったのですが、何事もなく海外旅行保険を使う事態も起こりませんでした。

その後からはインターネットで事前に調べてから海外旅行保険に加入して海外に出かけるようになりました。それでも何回も行っている海外旅行の中で海外旅行保険を使った事は数えるほどしかありませんが、「貧乏人ほど保険に入っておけ」という名言を思い出し、いつも加入しています。

海外旅行保険に加入しておいて良かったなと思ったときはハワイに行ったときにカメラを盗まれてしまったときです。ハワイのビーチでゆっくりしていたときに、置いておいたカメラがない事に気づき、そういえば不審な日本語を話す現地人が話しかけてきたことを思い出しました。それで現地の警察に出向き、盗難証明書を書いてもらいました。それで帰ってからその証明書を保険会社に出したところ補償額が帰ってきました。

それで損はしなかったのですが、やはり、カメラを盗まれたという事でその後私はスマートフォンで写真を撮らざるを得なくなり、あんまり良い画質の写真が取れませんでしたし、盗難証明書の手続きにも少し手間取りました。それで、このようなトラブルに合わないのが一番ですが、海外旅行保険に入っておくと安心感は持つことが出来ます。この盗難にあったときにもこの保険会社に電話すると日本語で対応していただき、慰めの言葉をかけていただき安心しました。

またその後、必要な手続きの方法を親切に教えてくださいましたので、無事に盗難証明書をとることができました。私は利用した事はありませんが、私の友人は急病になったと時に、最寄の病院を紹介してもらえたり、その病院までの交通費をもらえたりして感謝していました。このように海外旅行に出かけると何が起こるかもわかりませんし、海外旅行保険に入っておくのは賢明だと思います。今はインターネットで海外旅行保険の比較サイトなどもありますのでそれもおすすめです。

こちらもチェック!人気コンテンツ!