私が初めての海外旅行を経験した場所は、香港です。僅か二泊三日の旅行会社のパッケージツアーを利用して、ついに憧れの海外旅行という非常に大きな夢を達成してみることにしたのです。

ただ、海外旅行をしたことがない私はパスポートすらもない状態でした。パスポートを慌てて申請しに行き、ついに人生初のパスポートを手に入れることが出来て感慨しました。

海外旅行に向けて、スーツケースを買ったり、本屋で複数冊にも渡って香港のガイドブックを買ってみたり、気合を満々にして旅行に挑むことにしました。

初めての海外旅行で不安だったことは治安や気候でした。香港は日本よりも緯度が低くて温暖なので、どんな服装をするかで悩みました。

羽織りものを用意したり、脱いだりして暑さを調整出来る服をしたり、ストールも持って行くことにしたりと、温度設定しやすい服装を意識しました。

また、盗難には気をつけようと気を引き締めたり、夜遅い時間の行動は慎むようにしました。初めての海外旅行で嬉しかったことは、人生初の機内食です。機内食を食べたことがなかったので、どんなものが出てくるのかドキドキしていました。

冷たい食事ではなく、美味しく温められたランチメニューで、私は和食を選んだので牛丼のようなものや蕎麦が出てきて、案外美味しかったです。

コンパクトなお盆の上に可愛らしく食器が盛りつけられていて、デザートにはメロンもあって嬉しくなりました。

キャビンアテンダントさんも日本人の人が乗られていて、機内販売もストレスなく日本人の人に対応してもらって購入できたので、旅行 英語さえも怪しい…英語が出来ない私も安心でした。

空港に到着してからはどこへ行けばよいか分からなくなりそうで不安でしたが、同じ便の搭乗者とはぐれないように付いて行くと、無事入国審査したり荷物を受け取れてほっとしました。

香港では初日からたくさんショッピングしたり二階建てバスに乗ったり夜景を見に行ったり飲茶を食べたり、大満足で観光しました。思っていたより活気があり非常に明るい雰囲気の街で、ツアーということもあり日本人に囲まれての行動なので、治安やトラブルなども心配することが皆無で安心しました。

好き嫌いがないので、現地の中華料理もとても口に合い、美味しくて沢山食べ過ぎました。

ただ、宿泊先のホテルでコンパクトの変換プラグを持参していたものの、変圧器が無くて日本から持ってきたヘアアイロンとヘアドライヤーが使えないというミスをしました。

いつも通りの感覚でドライヤーを付けると、焦げ臭い香りがして煙が出てきたのでびっくりしました。日本の電化製品を海外で使うなら、電圧を考慮する必要が有るので、本当に要注意です。

こちらもチェック!人気コンテンツ!