海外旅行に行っていつもつくづく感じるのがもっと英語力を磨きたいという事です。世界中の共通言語は英語で、どの国に言っても少し英語が話せると、コミュニケーションの幅が広がりますし、旅行も断然楽しくなります。

最初にそのようなことを感じたのがイギリス旅行でした。この旅行は私が最初に海外に旅行に行ったときでした。私は兄と二人で行ったのですが、最初は何をするにしてもびくびくしていて、あまり楽しめなかったのを覚えています。でも泊まったゲストハウスが世界各地から来ている人が沢山泊まっていて、リビングのようなところに多くの人が集まって談笑しているので、そこの勇気を出して行ってみてから、気持ちが変わりました。せっかくイギリスに来ているのに、ただ観光だけして帰ったらもったいないから現地の人とコミニュケーションをとろうというモチベーションが出たのです。

それで現地で切符を買って電車で郊外に出かける事にしました。私達が出かけたのはコッツウォルズで、綺麗な田園風景が広がっているところです。そこで私達が泊まったのは老夫婦経営のベッド&ブレックファーストでした。この老夫婦にとって日本人が泊まるのは初めてだったようでとても歓迎してもらえました。つたないトラベル英語でしたが、会話をする事ができました。日本人は中学、高校、人によっては大学で英語を学んでいるので、ある程度英単語を知っていますし、なんとなく聞き取れる事ができます。

話すのは難しいですが、勇気を出して伝えたい事を離すと良く耳を傾けてくれて、理解してくれます。最後にはこのオーナー夫婦と打ち解けて、貴重なスコッチウイスキーも開けてくれて会話を楽しみました。綺麗なコッツウォルズの景色とともに良い思い出で、もう一度訪問してみたいと思っています。この経験をしてから、ロンドンに戻っても、パブなどで隣の人と少し会話をしてみたりする事ができました。もっと英語力を磨いて、もう一度イギリスに、または他の英語圏に旅行に行きたいです。

こちらもチェック!人気コンテンツ!