今までにアメリカではハワイのみ5回ぐらい旅行に行ったことがありましたが、昨年初めてアメリカ本土への旅行に行ってきました。目的地はサンフランシスコで、5泊7日の日程で個人旅行でした。飛行機もホテルも全て自分でネットから予約を入れて計画をたてました。テレビでサンフランシスコで撮影している番組がとても多くて、その美しい街並みがとても印象的で是非自分の目で見てみたいと思ったのがきっかけでした。

サンフランシスコの街はとてもこじんまりしていて、東京や横浜などの大都市と比較すると中都市といった感じの観光地です。ですから狭いエリアにゴールデンゲートブリッジやユニオンスクエアやフィッシャーマンズワーフといった観光名所がぎゅっと詰まっているので、バスやケーブルカーなどの公共機関で隅々まで歩き回れるのがとても良い点だと思いました。レンタカーを借りる必要もないので安上がりでしたし夫婦二人旅にはぴったりでした。

滞在したホテルはサンフランシスコのまさに中心部のユニオンスクエアに面したセントフランシスホテルという非常に歴史のある高級ホテルでした。連泊するのはかなり高額になるはずでしたが、たまたまホテルコムというホテル予約サイトでキャンペーン価格が出ていてとてもお得に連泊することができました。場所がサンフランシスコのダウンタウンど真ん中なので、ホテルから一歩出れば、そこはメーシーズという大型デパートやサンフランシスコセンターというショッピングモール、レストランが目白押しで夜遅くまで観光客が大勢歩き回っていてとても活気がある場所でした。夜の10時や11時ごろにカクテルを飲みに近くのバーへ行ったりした時も危険な感じがなく、夜でもアクティブに動けたのがとても楽しかったです。サンフランシスコはアメリカでもまれな、安全性の高い観光地だそうで観光の中心部にいればとても犯罪も少ない特殊な街なのだそうです。

また特筆すべきは、サンフランシスコの食事はとても美味しい物が多かったです。アメリカンな食事は、大味な物が多くてあまり美味しくないというイメージがあったのですが、フィッシャーマンズワーフのシーフードレストランやステーキレストラン、イタリアンレストランなどのちょっとおしゃれなレストランから、ベトナムのフォー屋さんやメキシコのタコス屋さんのようなB級グルメまで幅広い食を楽しむことができました。

日本とは全く違う美しいヴィクトリアン朝の家々は、うっとりするほど素敵でした。一度訪れたらまた訪れたくなるそんな不思議な街でした。

こちらもチェック!人気コンテンツ!