海外旅行はクレジットカードが必須です。身分証明書代わりになりますし、ホテルでは提示する必要があります。そしてなにより海外旅行保険がついていることが重要です。以前家族でアメリカに旅行した際、弟がまさかの盲腸になり手術を受けねばならなくなったことがありました。

その時なんと256万円も請求され倒れそうになりました。しかしこれはクレジットカードを複数枚所持することで回避できるのです。現地での怪我や病気は誰でもありえることですから、傷害疾病治療費を気にしてクレジットカードを最低2枚以上持っておけば合計補償額を引き上げることができるので安心です。またその際には自動付帯か利用付帯かも事前に確認しておかないといけません。持っているだけで保険が適用されるタイプが1枚あった方が無難だと思います。

海外保険の方が補償金額が抜群に高く安心ですが、保険料もその分高額です。しかしクレジットカード付帯の海外保険は金額こそ安いものの実質無料で利用できますし、クレジットカードの複数持ちで金額はカバーできますから問題はないといえるでしょう。

そして日本では天下のJCBと言われ最も知名度が高いJCBカードですが、海外ではまだまだ知名度が低く使えないお店の方が多いくらいで使い勝手が非常に悪いです。ハワイや韓国くらいでしたら通用しますが他の海外へ行く場合にはVISAとMasterCardがやはり安定でしょう。

海外トラベラーの多くはこの2ブランドを所持していることが多いです。2ブランド以上のクレジットカードを持つことは先ほど挙げた合計補償額の引き上げだけでなく、異なるブランドを持っておけばどちらかが使えないお店でももう片方が使える可能性があるからです。それに海外旅行というものは場所や人数によってはそれに付随する海外航空チケットやホテルの予約等で既に限度額いっぱいまで使ってしまっており、旅行先でこれ以上使えないパターンもまま発生します。何かとトラブルが発生しかねない海外旅行。楽しい旅行のために複数のクレジットカードは予め用意しておいた方が良いですよ!

こちらもチェック!人気コンテンツ!