防犯対策や虫除け対策を特に意識して荷造りしてたり海外旅行は注意点も多いです

海外旅行に行く度、毎回苦戦することといえばどんな持ち物を持って行くかについてです。

慣れない初めて行く場所だと色々不安があったり、日本とは違うのでコンビニや商店でも良い品質のものが手に入らなかったりもします。

この前はシンガポールのクアラルンプールに行ってきたのですが、その時にも旅行準備はかなり用意周到でした。

パスポートやお金やカメラや着替えや洗面具など基本的なアイテムを揃えたり、海外旅行向けにコンセントの変換プラグも持って行ったり、服を仕分けたり着替えを入れるための圧縮袋やビニール袋も多めに持って行きます。

私は極力荷物を減らしたい性格なので、圧縮袋を上手く活用したり、恥ずかしながらもう捨てても良いと思えるくらい古くなった下着を海外旅行に履いて行って、現地でそのまま捨てて帰ってきたりすることもあります。

化粧品はかさばらないようにトラベルサイズのミニボトルを使ったり、デパートやドラッグストアでコスメを買うとよくもらえるサンプル品のパウチを持って行くことも多いです。

斜めがけ出来てひったくりに合いにくいタイプのショルダーバッグを身につけたり、スーツケースは鍵をかけてさらにベルトも巻いたりして、防犯対策も気をつけてます。

私が行ってきたシンガポールも赤道にほど近いですが、やはり東南アジアなど熱い場所へ行くときは蚊対策や紫外線対策も本当に必要です。

日焼け止めクリームは勿論のことながらUVカット効果がある折りたたみ式の日傘を携帯したり、蚊を寄せ付けないために虫除けスプレーや携帯用で首からぶら下げるタイプの虫除けの道具を使ったり、虫に刺された時に塗るムヒという薬も手放せなかったりします。

東南アジアなど蚊が多い場所を旅行する時は、虫除け対策は必須だと思いますし、蚊にとてもさされやすい体質なので、虫除けスプレーや首からかけるタイプの虫除け対策グッズなどは欠かせないです。

普段海外旅行で持ち歩くショルダーバッグには、いつも必ずエコバッグを忍ばせています。

海外では日本のようにレジ袋を用意してもらえないことも多いですし、レジ袋を貰えても日本の袋のように丈夫ではなく非常に薄くて破れやすかったりもするので、エコバッグは個人的に必須です。

また、海外旅行では電化製品を持って行く人も多いですが、コンセントのプラグを変換しても、ボルトが100vなど日本の規格にしか対応していないと、海外旅行では使えないので注意する必要があります。

私は生まれ始めての海外旅行で香港へ入った時、100ボルトにしか対応してないドライヤーを持参してしまい、ドライヤーが煙を吹いてしまったことがあります。

そのドライヤーは幸い壊れず済みましたが、どうしても使いたい家電があるなら変圧器を利用したり、海外対応のものに買い換えると良いでしょう。

こちらもチェック!人気コンテンツ!