海外旅行に行くにあたり、いつも少し楽しみにしている存在は飛行機に搭乗することです。

普段あまり飛行機に乗ることが無いので、窓から見える景色や機内食や機内販売のコスメやバッグやアクセサリーなどをチェックしたり、非日常な雰囲気を味わうのが好きです。

私は海外旅行が大好きですがこれまで利用した航空会社の中でも、断然サービスが良くて機内も広々しており綺麗だと感じたものはシンガポール航空です。

マレーシアに旅行をした時とタイのバンコクに旅行をした時とシンガポールのクアラルンプールに旅行をした時と合計3回の旅行で利用したことがあるのですが、座席のスペースもエコノミークラスでも非常にゆとりがあって広くて快適で、フットレストもありました。

映画など娯楽の種類も多くて、フライト時間も楽しく過ごせたり、CAさんのコスチュームもシンガポールの伝統的な服装で大変美しく、目の保養になりました。

また、機内食も高級アイスクリームが出されたり、エコノミークラスでも事前にどんなメニューが登場するか記載されたメニュー表を渡してもらえましたし、盛り付けやご飯のもっちり加減や味も高クオリティで驚きました。

シンガポール航空は洋食も良いですが、海外の航空会社の機内食としては和食が良いことで知られてます。

私が搭乗した時は綺麗に盛られて美味しいそばが出てきたり、ご飯もありがちな硬いタイ米ではなく、ふっくらした炊きあがりで本当に嬉しかったです。

海外旅行する時、私は女性なのですが飛行機ではメイクを事前にオフしておいたり、リラックス出来る丈の長めのゆったりしたワンピースで過ごすことが多いです。

長時間のフライトで機内食をたくさん食べたりシートベルトしていても苦しくならないよう、体を締め付けないゆったりした服を選ぶことにしてます。

機内は窓際など寒い時もあるので、羽織ることが出来るパーカーや上着などは私にとって飛行機での必需品だったりもします。

機内ではドリンクのサービスが定期的にあり、私は残念ながらお酒を飲めない体質なので、珈琲やオレンジジュースをいつも頼んでいました。

また、空港に到着する前には出入国カードを飛行機で配ってもらい、到着前に記載しておくことも大事です。

出入国カードの書き方は国によってちょっとずつ異なるので、ガイドブックを見ながら書くようにしたり、事前にネットで書き方を調べておくのがおすすめです。

飛行機は離陸して20分程度はかなり不安定な状態なのでよく揺れたり、急上昇にともなって耳が少し痛くなったりもするので、対策としてはペットボトルの水を飲み込んだり、飴を舐めて過ごすことも多いです。

また、空港によっては搭乗口までがやたら遠くてシャトルバスに乗る必要があったり、到着後とても広い空港でどこのゲートに荷物が出てくるかよく分からず迷ったり、出口の場所が分からなくて苦戦することもあります。

以前クアラルンプール国際空港で荷物がどこから出てくるか分からずに迷子になって、悪戦苦闘したことがあるので、それ以来事前に情報収集をきちんと行ったり、搭乗口をしっかりチェックしたり、日本人の人を見つけておいて解らないことがあれば教えてもらったりするようにしています。

こちらもチェック!人気コンテンツ!