英語教材、英会話教材の選び方!レベル、目的など明確にしてチョイスしないと挫折する!

[char no=”3″ char=”worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)”]英会話教材は目的、習得レベル、学習期間を踏まえてチョイスしないと必ず挫折する。有名英語教材を例に挙げて解説します。

様々な英語教材、英会話教材が発売されています。ひと口に英語教材といっても、聞き流すだけのものから、長時間時間をかけて学習するものまで色々あります。

学習方法だけでなく、目的、学習期間、習得レベルなど教材によって、差があるので目的に応じて英語教材を選ばないと途中で挫折してしまったりして、折角かけた時間やお金を無駄にしてしまいます。実際の有名な英語教材を例に上げて、選び方や英語教材の使い方をご紹介します。
[/say]

英語を学ぶ目的などはっきりさせることの重要性

英語教材を選ぶにあたっては、まず学習の目的、レベル、学習期間などを明確にする必要があります。なんとなくわかっていても、きちんとこれらのことが頭の中で整理されていない場合があります。教材を決めるときは、まずこれらのことを紙に書き出して整理しましょう。まず、ここにしっかり時間をかけて整理することで、自分にあった教材を的確に選ぶことができます。

英語教材といっても、様々な特徴があります。リスニングに特化したもの、会話に特化した物や、初心者向けのもの、中・上級者がさらに英語を磨くためのものなど本当に様々です。きちんと、自分のニーズ、目的をはっきりさせることで、どの教材が自分にベストなのかがおのずと見えてきます。この部分に時間をかけると、逆に教材選びにあまり時間がかからなくなるので、教材を選ぶ前に目的などをはっきりさせましょう。

教材を選ぶポイント

英語のレベル

レベルは、初心者、中級者、上級者など、どれくらいのレベルなのかですが、初心者はわかりやすいと思います。中・上級者は、TOEICのスコア等の目安があると、教材を選びやすいです。

レベルについては、英語教材としては老舗のアルクが長年にわたって出しているヒアリング教材の1000時間ヒアリングマラソンは、口コミでの人気も高い教材ですが、中級以上の人に向けた教材です。この教材の場合、リスニングの教材にでてくる表現、内容が初心者には少し難しい内容です。基礎がある人が、がっちり英語を学ぶための教材なので、初心者ではじめてしまうと、途中で挫折してしまう可能性がすごく高いので要注意です。同じヒアリングマラソンでも、ベーシックkikuzo!は初級向けの教材です。

七田式の7+English-英会話フレーズ完全暗記-は会話の基礎が学べる教材なので、初心者におすすめです。英語を話すために必要な基礎フレーズを覚えることができる教材です。逆に基礎ができている中級者が、この教材で学習すると物足りなく感じて飽きてしまうでしょう。

英語学習の目的

英語学習、英会話学習の目的も英語教材を選ぶのに重要な要素です。「海外旅行に行くために話せるようになりたい」、「英語を使う仕事がしたい」「留学をしたい」「リスニング力をアップさせたい」など、それぞれ目的があると思います。海外旅行へ行く人と、ビジネスで英語を使う人とでは、使う英語が全く違うのでその目的に特化した英語を学んだほうが、効率的です。

英会話を学習したいという人でも、日常会話なのか、海外旅行へ行くためなのか、ビジネスで使うのかそれぞれ、主に使う場面によって、学ぶ英語が変わってきます。海外旅行をいくために海外旅行 英語を学びたい人は、それに特化した英語教材がおすすめです。スピークナチュラルは、赤ちゃんが学ぶように自然に英語を学べる教材です。英語を聞いて、そのまま話すシャドウイングや、日本語を聞いて英語に訳したりしながら学びます。このスピークナチュラルは、日常会話を学べる通常版と、海外旅行版があります。海外旅行版は、海外旅行に必要な表現だけ集めているので比較的短期間で、海外旅行に必要な表現を習得することができます。

特に、海外旅行へ行く場合は、1~2年という時間をかけられない場合も多いと思います。その場合には、海外旅行に特化した教材を選ぶことがおすすめです。日常会話を学んでも、実際の旅行では使わない言葉が多く含まれていることがほとんどで、無駄に時間がかかってしまいます。

リスニング教材のスーパーエルマ―はTOEICの勉強におすすめの教材です。ネイティブの英語よりさらに早い英語を聞いて、日本語に訳さずにそのまま理解できるようになることを目的につくられている教材です。そのため、TOEICのリスニングのスコアが上がる人が多いですが、海外旅行で話せるようになりたいという人には向いていません。

学習期間

学習期間も明確にしておきましょう。例えば、海外旅行や留学が決まっていて3ヶ月後には、海外へ行く人と、1~2年と時間をかけてじっくり英語を基礎から学びたいという人では、必要な教材が違うからです。教材によって、オンラインでずっと学び続けるタイプのものもあります。7+Englishは60日の短期間で学ぶ教材です。ロゼッタストーンは、ダウンロード版とウェブで学べる教材両方ありますが、継続的に学ぶ人のための教材です。ウェブで学ぶ教材は、月額制で、12か月など長期で学ぶと割引があります。

簡単に!これだけすれば!は要注意

英語教材、英会話教材で多いのは「簡単!」「~するだけ!」というキャッチフレーズです。英語はだれでも、身につけることができるものです。難しいことはありません。でも、「~するだけ」とか、努力なしにという魔法の方法はほとんどありません。英語は筋力トレーニングと似たところがあり、毎日少しずつでも、続けていかないといけないですし、総合的に学んでいかないと、実際に使える英語は身に付きません。「聞き流すだけ」では、聞き取れるようになっても、話せるようにはなりません。きちんとした教材は、その部分はある程度説明されていることが多いので、その点にも注意して選んでみてください。

まとめ

英語の教材は、まずどんな目的で、どれくらいのレベル、どれくらいの時間をかけて学ぶのかなど、ご自分の目的を明確にしましょう。そこが本当に重要です。そのニーズに合わせて教材を選んでみましょう。特にレベルは、自分のレベルと違うものを選んでしまうと、挫折する原因になってしまうので要注意です。「簡単!」「~するだけ!」という教材も要注意です。英語は、だれでも話せるようになりますが、やはりそれなりに努力は必要なので、その点も教材を選ぶ上で注意しましょう。

英会話教材に関するその他Q&A

英会話教材は値段が少し高い気がします。参考書じゃだめですか?

もちろん、参考書でも英会話は学べます。しかし、1冊1,500~2,000円程度の参考書だと内容がどうしても限られてしまい、1冊じゃたりません。会話部分だけ学ぼうと思っても、ある程度の内容をカバーしようと思ったら、2~3冊は必要です。

さらに、リスニング、単語など英語教材なみの内容をそろえるとなると、結局8~10冊必要になってしまいます。そうすると、金額的には教材が買えてしまうくらいになってしまいます。お金の面だけでなく、良い参考書をそれだけ探すとなると、時間も手間もかかります。

英会話教材はひと通り学べば、ある程度の英語力がつくように構成されています。よい参考書を探す手間や時間を、学習時間に使えて、効率的に学べるようになっているという点を考えると値段の価値はあると思います。

とはいっても、お金がどうしても出せないという方もいると思います。その場合は、参考書で学んでもよいでしょう。

英会話教材を買って勉強していますが、英語が伸びない気がします。私には合わなかったのかなと思って、別の教材を買おうか悩んでいます。

英会話教材を購入してから、どれくらい勉強していますか?半年くらいしっかりやって、成長が感じられないのであれば、あわない可能性もあります。その場合は、別の教材にチャレンジしてみるのもありだと思います。

ただ、英語力については、自分が「できるようになった」「成長している」と感じられるまで、少し時間がかかります。自分が成長していないと感じていても、少しずつ英語が蓄積されていて、ある程度までいったら、点で学んでいたことが線になって繋がりだして話せるようになることがあります。

英語の教材を買って学習する人の多くが、その前に「やっぱり話せない」「この教材は向いてない」とあきらめてしまいます。途中でやめて、また新しいのを購入してあきらめて、ということを繰り返してしまう人も多いです。お金をかけて購入したものですし、時間もかけてきたわけですから、もったいないです。

英語教材の質の差は正直ありますが、「これ!」と決めて購入したのなら、最後までしっかり学ぶことをおすすめします。よっぽど質の悪いものでなければ、最後までやりきって、何度か復習をすれば、それなりに英語力が身について、簡単な会話はできるようになります。

月額課金制の場合は別で、効果が感じられない場合は、一度停止していままで購入した分の教材をしっかり学んでみましょう。それでも、効果が無いと感じる場合は、別の教材をチャレンジしたほうがよいと思います。

英会話教材のおすすめの学習方法を教えてください。

英会話教材とひとくちに言っても色々なものがあるので、一般的なコツをお伝えします。

教材で学ぶ時はあまり完璧に覚えることにこだわらず、どんどん先へ進んで学んでいきましょう。完璧に覚えようとすると、途中で辛くなって続けられなくなりますし、よっぽど頭が良い人じゃないと無理です。それよりも、半分くらいしか覚えてなくてもいいので、細かいことにこだわらずどんどん進めて行きましょう。

サクサク進めていって、最後まで学んだら、また最初に戻っておさらいしてみてください。この時も完璧に覚えなくて大丈夫です。最低3周くらいは、教材を学習すると、かなり知識が定着してきます。

3周で7~8割くらい覚えられていれば、かなり良い方ですので、完璧に覚えられていないとか悩まないでくださいね。語学はどこまでいっても、知らない単語、表現がでてきます。完璧じゃなくても十分コミュニケーションができます。むしろ、完璧にこだわり過ぎて話せないという人が多くいるのでこだわりすぎないようにしましょう。

1周終わったくらいの時点から、可能であればオンライン英会話や、英会話カフェなど、英語を話す機会を設けてみてください。インプットしたものは、アウトプットして使うとさらに記憶が定着していきます。

そういうものに参加できない方は、日記を書いてみたり、英会話の場面を想定してスクリプトを書いてみたりするだけでも、練習になります。書いたら必ず声に出して読んでみましょう。見る、書く、聞くなど、五感をなるべく多く使うことも、早く覚えるコツです。

英会話教材の中古品がヤフオクやメルカリで販売されています。半額以下で買える物もあるので、こちらを購入しようと思いますがデメリットはりますか?

英会話教材は、購入する人も多いので中古品がネット上にたくさん出回っていますよね。CDやDVD、本などで学ぶタイプはこのような中古品で学ぶことも可能です。金額だけ見ると安いのですがやはりデメリットはあります。

一番のデメリットは、発行している会社のサポートが受けられないことです。英会話教材の場合、インターネットで学べるサイトがあったり、質問を受け付けていたり、イベントを開催していたり独自のサポートシステムがあるものも多いですが、正規ルートで購入していないので受けることはできません。

毎年、流行の言葉を取り入れて教材の内容を新しくしているものもありますが、中古だと少し古いものになってしまいます。また、期間限定で返金保証がある教材の場合も、返金保証が受けられないというデメリットがあります。

英会話教材の購入で迷っています。DVD付きのものと、CD付で音声だけのものどちらがいいですか?

DVDのほうが映像もあってわかりやすいですが、おすすめはCDタイプです。CDの場合、音声だけなので、スマホに音声を入れて持ち歩けばどこでも聞くことができるので手軽に学べますが、DVDの場合パソコンやテレビなど再生するものが必要なので、ついつい面倒になって勉強しなくなってしまう人も多いです。

英語の学習は、とにかく続けることが大切です。CDとDVDの手間の差は、ちょっとかもしれませんが、毎日続けるとなると少しでも手軽にできるほうが続きやすいです。

ただし、好みや生活スタイルによっても違います。映像があったほうが、理解しやすい人もいますし、毎日パソコンを使っていてDVDを再生するのに手間を感じない人もいます。ご自身の生活スタイルや、学び方からどちらが良いか選んでみてくださいね。

「これにしよう!」と決めた英会話教材の悪い口コミをインターネットで見つけてしまって迷っています。別のものにしたほうがいいでしょうか?

悪い口コミがどんなものなのかわからないので、はっきり言えませんが、どんな教材でも悪い口コミはある程度あります。

同じ教材でも、その人の考え方や使い方によって効果が全然違います。また、一般的に報酬が発生しない口コミは満足いかなかった人のほうが、書きこみをする傾向にあります。

それらのことを踏まえて、冷静でフェアな口コミなのかという視点でその口コミをもう一度見てみましょう。また、他の同じような口コミがあるかも見てみましょう。完璧に全てをカバーする教材はないので、その悪い口コミに書かれている欠点部分が許容範囲で、それでも購入する価値があるか検討しましょう。

最終的には、ご自身が使いやすいと思うかだと思います。内容が他より少し薄くても、ご自身が楽しい、学びやすいと思える教材のほうが勉強を続けられるので効果が出やすいと思います。

スポンサードリンク

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね