worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)

観光も楽しいけれど、海外旅行の楽しみのひとつが買い物ですよね!日本では買えないものが買えたり、日本では高くてなかなか買えないものが激安で買えたりすることもあって、ついついたくさん買ってしまうこともありますよね。

そこで、今回は、海外旅行の買い物について徹底解説したいと思います。いまさら聞けない免税のシステムや、お土産をお得に買う方法などご紹介します。

免税を使ってお得にお買い物をしよう!

海外旅行での買い物の大きなメリットが免税です。免税自体は知ってけど、免税の仕組みや、免税の詳しい意味などがわからない人も多いのではないでしょうか?免税は、国内消費される場合にかかる税金が、出国する前提がある人の場合免除される制度です。国によっても仕組みが違いますが例えば日本の場合、消費税、酒税、たばこ税などが免税の対象です。これらの税って、日々知らず知らずのうちに払っているけれど、結構な額なんですよね。免税になるとかなりお得に買い物ができます。

免税が受けられるお店

免税が受けられるのは、国際空港の海外出国手続き後のエリアです。その他にも、日本で最近見かけるように、街中にも免税店がある場合もあります。街中の免税店は、海外旅行などで来ている人が、出国時に持ち出すために購入したもので、免税の対象になる品が限られています。基本的には、税込みの金額を支払って、その場で免税の手続きをして、帰国時に空港で税関で返金してもらうという場合が多いです。ハワイやオーストラリアのDFSギャラリアなど、一部の免税店ではその場で免税の価格で買うことができます。購入したものは、国内では使えません。購入時に、商品に封がされるか、空港で帰国時に受け取るようになっているなど、国内で使えないようにされています。

免税範囲を超えると日本で税金がかかるので要注意

注意したいのは、免税店で買ったものも日本に持ち込む時に関税がかかるということです。基本的に日本に持ち込むもの全ては申告しなければなりません。脱税すると犯罪になります。ただ、日本でも一部免税範囲があります。

・酒類:1本760mlのもの3本まで
・タバコ:紙巻き200本まで、葉巻50本まで、(その他250gまで)
・香水:2オンス(56ml)まで
・免税品の合計金額20万円まで

ただし、1品で20万円を超える場合は全額課税されます。ブランドバッグ、時計などは要注意。この範囲内であれば、お得に買い物ができます。

お土産を買うのにおすすめの場所・お得なセール

海外旅行といえばお土産がたくさん必要な人も多いですよね。アジアなど、市場、マーケットなどが多い国は、露店でかうと安く買えますが、ヨーロッパ、北米、オーストラリアなどの先進国は、そういうマーケットが少ないですよね。お土産ショップで買うと、ひとつひとつが結構な値段がしてしまうこともあります。

そんな時におすすめなのが、現地のスーパーやドラッグストアです。観光地のスーパーやドラッグストアには、土産物もおいてあることもありますが、お土産ショップで買うより安いことがほとんどです。土産物品意外にも、現地ならではの食べ物や小物などを手頃な価格で買うことができるので、私は海外でのお土産はスーパーや、ドラッグストアで買います。もちろん、スーパーやドラッグストアで買えないものもあるので、そういうものだけ土産物屋で買います。職場などに大量にお菓子を買っていく場合なども、スーパーは便利ですよ。

ハワイなどアメリカのお店では、buy one get one freeというセールをやっている場合があります。これは、1つ買えば1つ無料という意味です。1個はおまけです。つまり2個が半額で買えるということです。お土産ショップでは10個で10ドルなどのセールもあるので、大量に必要な場合はそういうセールをうまく利用するのもおすすめです。

マーケットでは値段交渉を楽しもう!

中国や、東南アジアの一部の国など先進国以外の国では、露店やマーケットが盛んです。お店で買う場合は、定価、値段がわかりやすいのですが、露店の場合値段は表示されておらず、いい値で買うことになる場合がほとんどです。その価格ですが、外国人は結構高い金額をふっかけられることもあります。単純に騙そうとしている場合と、文化的に外の人には高く売る文化だったり、初めは高く値段をいう文化だったり色々です。その地域ごとに、特徴があるのでガイドブックやインターネットなどで事前に確認しておきましょう。

高い金額をふっかけられても、日本で買うより気づかずにそのまま購入してしまうんですよね。でも、折角だったら値段交渉を楽しんで、お得に購入したいですよね。勇気をだして「もう少し安くできませんか?」とか、「2つ買うので安くして下さい!」とか交渉してみましょう1店舗目で値段交渉して、納得いかない金額だったらそのお店で買わないことが適正価格で買うコツです。もし、1店舗目で交渉して、安くしてくれないといわれても、「じゃあいいです。」といって、お店を去ろうとすると「わかった!わかった!安くするので買って!」と言ってくれる場合があります。その場合、そこで安く買えるし、もし言われなかったら、交渉した価格が適正よりも安かったということです。その場合、次の店でもう少し高めの金額で交渉してみましょう。

値引き交渉は、あくまで「楽しむ」気持ちが大切です。相手も、商売なのでwin-winでお互い気持ちよく買えるのがベストです。お互い不機嫌になるほど、無理に値引きしてもらわないことも大切です。適正価格はどれくらいなのかな?とクイズ感覚で、楽しみながら交渉をしていると、コミュニケーションも楽しくていい思い出になります。現地の人と会話して、コミュニケーションを取る機会って、旅行だとあまりないので、貴重だなって思います。

買いすぎには注意!

海外で買い物をしていると、ついついあれもこれも!って買いたくなります。安ければなおさらですよね。でも、買いすぎには要注意です!スーツケースに入らないほど買うと持って帰るのが大変です。海外旅行初めての人がやってしまいがちなのが、手荷物の超過料金。たくさん買い物をしてしまって、スーツケースにパンパンにつめて「何とか入った!」と喜んで、空港へ行くと手荷物の重さが超過していて、カウンターで追加料金が発生してしまうパターンです。国際便の超過料金はかなり高いので要注意!折角安く買ったのに、超過料金で日本で買うより高くなってはもったいないです。

まとめ

海外旅行の楽しみのひとつ、買い物!免税は、お得なシステムなのでうまく活用しましょう。お土産を買うなら、スーパーやドラッグストアなど、現地ならではのものが買えてお得です。露店などのマーケットは、金額を高くいわれることも多いので、事前にその地域の特徴を調べておきましょう。そして、値段交渉も楽しみながら、お得に楽しく買い物をするといい思い出にもなりますよ。

海外旅行での買い物に関するその他Q&A

海外旅行でクレジットカードを使って買い物をしてトラブルにあったという話しをききます。海外旅行先でクレジットカードを使っても大丈夫ですか?

確かに海外ではクレジットカードでのトラブルが日本より多いです。

それでも、現金をたくさん持ち歩くよりはリスクが少ないです。現金の場合、盗まれてしまったら戻ってきませんが、クレジットカードは盗まれた後にすぐに手続きすれば使われずにすむこともあります。万が一、悪用されても、支払いを免除されるケースもあります。

クレジットカードを使う場合は以下の点に注意しましょう。

  • 小さな個人店では使わないようにする。
  • サインする時に、金額をきちんと確認する。※0がひとつ増えている場合もあるので要注意。
  • 支払い時にできるだけクレジットカードから目を離さない。

このような点に少し気をつけるだけで、悪用されるリスクはかなり少なくなります。海外旅行から帰ってきた後の明細チェックもしっかりしましょう。

海外ではお店が早く閉まると聞きましたが本当ですか?土日は営業していますか?

日本は世界的にみてもお店の営業時間が長い国です。海外では19時くらいにお店が閉まる国も多いです。

また、土日にお店が閉まる国も多いです。特に日曜日は、キリスト教国では休暇日として定着していて労働者も極力休む傾向があります。

私が住んでいたドイツでは、「閉店法」という法律で、お店が開業できる時間が限られています。州によっても違い、現在はかなり法律の規制がゆるめられていますが、平日は20時までしか営業できない州もあります。日曜日は年に決められた回数のみ営業が可能となっていて、デパートなども基本的にお休みです。

アメリカはドイツほどではありませんが、ホリデーシーズンなどお店がほとんど空いていない時期もあります。

営業時間やお休みについては、国や地域によっても違うので一概にいうことができませんが、土日や休日を利用して海外旅行をしようと思っている人は特に、その地域の営業時間やお休みの日を事前に調べて行くことをおすすめします。

買い物をする時に最低限必要な英語を教えてください。

旅行 英語にあまり自信が無い人も、簡単なフレーズを覚えておくとスムーズです。覚えられなくても、この部分を携帯にメモしておいて、見ながら言っても大丈夫です。

・入店時

お店に入店すると、日本では「いらっしゃいませ」と声がけされます。お客さんは、それに対して返事はしませんが、海外では話しかけられたら答えるのがマナーです。

一般的な会話例を見てみましょう。

店員:Hello, how may I help you?(こんにちは、何かお探しですか?)
客:Hi, I’m just looking. Thanks. (こんにちは。ちょっと見ているだけです。ありがとう。)

何か探しているものがあれば、以下のフレーズが使えます。

・I’m looking for ~./~を探しています。
・Where can I find ~?/~はどこにありますか?
・Do you have~?/~はありますか?

店員さん側の声掛けフレーズはこのほかにもいくつかあります。

・What can I do for you today?/何かお手伝いできることはありますか?
・Are you looking for anything in particular?/何かお探しの物がありますか?
・Let me know if you need anything./必要なものがあれば声をかけてくださいね。

・商品を探す時のフレーズ

英語:What do you recommend?
日本語:おすすめはどれですか?
※「recommend」は「お薦めする」という意味です。

【色】
英語:Do you have a red one?
日本語:(これの)赤色はありますか?

英語:Do you have the same one in different color.
日本語:同じ物で違うサイズはありますか?
※「color」を「size」(サイズ)言い変えてもOKです。

【サイズ】
英語:Do you have a this in small?
日本語:これのSサイズはありますか?
※「Mサイズ」は「medium」、「Lサイズ」は「large」です。「S・M・L」では通じないので要注意です。

英語:Do you have a bigger one?
日本語:(これより)大きいサイズはありますか?
※「小さい」は「smaller」です。

【試着】
英語:May I try this on?
日本語:(これを)試着してもいいですか?

英語:Where’s the fitting room?
日本語:試着室はどこですか?

英語:I like this, but it’s too small.
日本語:気にいったのですが、(サイズが)小さすぎます。
※「too big」(大きすぎる)、「too long」(長すぎる)、「too short」(短すぎる)、「too tight」(きつすぎる)などと入れ替えても使えます。

英語:It doesn’t fit.
日本語:サイズがあいません。

・お会計時のフレーズ

英語:How much is this?
日本語:これはいくらですか?

英語:That’s too expensive.
日本語:高すぎます。

英語:Would you give me a discount?
日本語:割引してもらえますか?
※「割引」は「discount」です。

英語:Do you accept credit card?
日本語:クレジットカードは使えますか?
※「accept」は「受け入れる」「引き受ける」という意味です。直訳すると「クレジットカードを受け付けていますか?」くらいの意味です。

英語:I’ll take this.
日本語:これください。(これにします。)
※買う商品を決めた時に言うフレーズです。複数の場合は「these」です。

英語:I’d like 5 of these.
日本語:これを5個ください。

英語:Can I have some extra bags?
日本語:小分けの袋をいくつかいただけますか?

英語:Could you wrap this separately?
日本語:別々に包装していただけますか?

円高のときは海外旅行で買い物をするとお得とききましたが、その仕組みがよくわかりません。説明してください。

1ドル=120円などニュースでよく見るレートは為替レートといい、1ドルを買うために日本円でいくら払えばいいかを表した数字です。

※実際は、この他に手数料などかかるため、ニュースで発表されているレートがそのまま銀行で換金できるレートではありませんが、ここでは話しをシンプルにするためにそこは省きます。

1ドル=120円だったものが、1ドル=115円になると、1ドルあたり5円安く買うことができるようになります。つまり、円の価値が上がったということで、円高となります。

1ドルあたりでみるとたった5円ですが、1,000ドル交換すると5,000円も得したことになります。1ドルあたり10円の差がでると、1,000ドルの買い物で日本円にすると1万円も安くなります。

海外旅行では、食事、移動、ホテル代などすべて含めると結構な金額になるので、可能であれば円高の時を狙うと現地でお得に買い物ができます。

海外旅行先で安く偽ブランド品が売られていました。話のネタに購入したいと思いますが大丈夫でしょうか?

偽物の商品を海外で購入して、日本に持ち込む行為は法律で禁止されています。面白半分で、購入するのはやめましょう。

もちろん、税関で見つかると、即没収となります。特に日本で有名なブランド品はチェックが厳しいです。また、海外では明らかに偽モノとわかるものも販売されていて、「ジョーク品」のつもりで買っても没収となります。

折角の楽しい海外旅行の帰りに、税関で偽モノが見つかって、荷物を詳しく調べられたり、取り調べを受けると、嫌な気持ちになるだけなのでやめましょう。

スポンサードリンク

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね