worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)

海外旅行の一番の楽しみは観光ですよね。日本では見られない規模の大聖堂や、自然スポットなど、世界に目を向ければ、死ぬまでに一度は見ておきたいような、観光スポットがたくさんあります。

海外旅行での観光を最大限に楽しむために、旅行中の観光地をピックアップするためアドバイスや、観光地で気をつけたいことなどを解説します。

海外旅行のスケジュールのたて方

海外旅行で欠かせない観光。どのスポットを見に行こうか迷いますよね。観光地は、効率的にまわれるように、旅行へ行く前にスケジュールをある程度考えておきましょう。日本国内の観光だと、電車やバス、タクシーなど、交通機関などもある程度予測がつくので、スケジュールを考えやすいですが、海外の場合使える交通機関から調べる必要があるので、慣れないと計画を考えるのに少し時間がかかります。少し早めに調べ始めましょう。

まずどうしても行きたいスポットを決めてそれを軸にスケジュールを決めて行きましょう。海外旅行では、時間が限られていることも多いですよね。どうしても行きたい場所が、まる1日スケジュールが必要な場合や、行きたい場所どうしの距離が離れている場合もあります。その観光スポットに行く日、時間などスケジュールを決めて、残りの空いたスケジュールにその他の「行けたらいいな」って思うスポットを埋めていきます。

スケジュールは詰めすぎない

スケジュールを立てる時のコツは、「スケジュールを詰めすぎない」ということです。海外旅行へ行ったら、「あれも、これも!たくさん見たい!」って思いますよね。折角、海外へ行くなら、「次いつ行けるかわからないし、見られるところは全部見たい!」と思う人も多いはずです。私自身も、最初の頃はそうでした。

でも、あまり詰め込みすぎると、観光地を楽しむというよりは、ちょっと見て写真をとって、次へ急いでいくというパターンの繰り返しになってしまいます。なんだか、スタンプラリーのような気分になるんですよね。日本に帰ると写真と、行った場所はたくさんあるけど、あまり思い出が残ってないということがよくあります。

旅行では、思いがけないこともいっぱいあります。実はそれも、旅の醍醐味で、そういうことが後々まで思い出に残るんですよね。移動なども、日本のように思ったよりスムーズにいかないこともあります。それを見越して、ゆるめにスケジュールを組んでおけば、多少ハプニングが起きても、それを楽しむ余裕ができます。

時間があれば疲れたら途中で、カフェでゆっくりする時間もできますよね。現地の人におすすめの場所を聞いてみてもよいかもしれません。あわただしく、観光名所を数だけまわるよりは、その時の気分に任せて1カ所ずつゆっくり楽しんだ方が、旅行が終わった後の満足度はとても高くなります。現地の人と話したり、ちょっと面白いスポットを発見したり、旅の内容も濃くなります。

観光で注意したいこと

海外旅行の観光ではで注意したいこともあります。折角の観光でトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

観光地で多発する犯罪に注意

観光地は、観光客が多いので、どうしても観光客を狙った犯罪も多くなります。特にスリは多く発生する場所も多いので、持ち物には、いつも以上に気をつけましょう。地図を広げて道を聞くふりをして、気が緩んでいるうちに仲間がスリをするということもあります。それぞれ、観光地や地域ごとに起こりやすい犯罪があるので、事前に調べて行くと対処ができます。

観光客でよくある押し売り

また、観光地では、道端でお土産を売る人もたくさんいます。小学生くらいの子供たちが売っている場合もあります。近寄ってきて「買ってくれ」と、言って離れない場合があります。本当にそれがほしい場合は買ってもいいですが、1個買うと「私からも買って!」と、どんどん他の子が寄ってきます。「かわいそうだから」という気持ちでは、買わないほうがよいです。いらない時は、毅然と「いらない」と伝えましょう。英語で単純に”No!”だけでも伝わるでしょう。基本的には、そこで売っているものは、どこでも買えるものが多いので、あえて買わなくてもよいと思います。

観光地では服装も注意!

海外旅行で観光地へ行く場合は服装に気をつける必要があります。折角、海外へ行くのだからと、いい服を着て行きたくなりますが、基本的にはラフな格好がおすすめです。ラフな格好で、現地の人とあまり変わらない格好をしていると、犯罪も狙われにくくなりますし、ぼったくりもされにくくなります。少しオシャレをしてもいいですが、あまり高級なブランドの服は着ないようにしましょう。日本人は、はたから見ていてすごくわかりやすい格好をしています。日本人はお金を持っているイメージがあり、日本人だとわかると狙われやすくなるので、その点は注意したほうがよいでしょう。

寺院や教会へ行く場合は、露出度が低い服装をしましょう。観光地では、肌を隠すための布などを貸してくれる場合もありますが、ハーフパンツやキャミソールは入場禁止という場合もあります。折角、楽しみにしていたのに見ることができないのは、残念すぎるので、寺院や教会など宗教施設へ行く場合は、なるべく露出度が低い服装をすることと、事前にドレスコードを調べておくことをおすすめします。宗教施設だけでなく、ヨーロッパの高級レストランなどは、ドレスコードがある場合もあります。行く予定がある場合は、そこもきちんと調べておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?海外旅行のメインである観光のスケジュールのたて方から、注意したいポイントなどをご紹介してきました。海外旅行の観光は、無理なスケジュールをたてず、ゆとりをもって行動することが、トラブルにあわずに、そして旅行を最大限に楽しむコツです。また、観光地ならではの犯罪や、トラブルもあります。服装など、注意したい点もあります。ガイドブックが1冊あれば、注意したい点はだいたい書かれているので、1冊買うと便利です。もちろんインターネットで情報収集することもできますが、海外旅行については様々な情報を調べる必要があるので、ネットの情報と併せて1冊本を用意したほうが、早く簡単に不足なく情報を得ることができるのでおすすめですよ。

海外旅行での観光に関するその他Q&A

海外旅行で観光に行くのにリュックを買おうとしたら、友人に「リュックは盗難にあいやすいからやめたほうがいいよ」といわれました。リュックは良くないですか?もし、駄目だとしたら、観光スポットではどのようなバッグがよいか教えてください。

海外旅行のバッグは悩みますよね。

リュックは荷物がたくさん入りますし、両手が空くので便利ですが、背中に背負うためファスナーを開けられてもわかりにくく盗難にあいやすいです。特に人が多いところでは、ファスナーを開けられて、荷物を盗まれても気づかない人が多いです。

リュック以外だとショルダーバッグになりますが、ショルダーバッグが安全かというとそうでもありません。油断していると、目が届かない後ろ側にバッグを持ってしまうこともありますし、バッグごと持って行くならリュックよりショルダーバッグのほうが盗りやすいです。

ひったくりに合わないようにと考えるなら、ショルダーバッグを斜めがけにして前にかけるのがよいでしょう。見た目を考えると、あまりカッコよくありませんが…。

ショルダーバッグを身体にかける時は、ファスナーの開ける金具は自分の後ろ側にならないように持つようにしています。背後から来た人が簡単に開けられないようにするためです。

財布は毎回、バッグの底か、内ポケットの中に入れるようにします。ついつい、会計を済ませて油断するとバッグの上の方に入れてしまいがちですが、ファスナーを少し開けるだけで盗れるのでよくありません。

ただし、あまりにも大切そうに持って歩くと、盗まれて困るものが入っていると宣伝してあるっているようなものなので本当に盗まれて困るものは肌に身につけるなどしましょう。

財布の中には大金は入れないようにします。必要最低限のお金だけ入れて、それ以外は服の内ポケットや、身体に身につけられる薄いポシェットにいれておきます。足りなくなったら、トイレの個室などだれも見られない場所で現金を財布に補充します。

そうすることで、レジで財布の中を周りの人に見られても、お金があまり入っていないとスリに狙われにくくなりますし、万が一盗まれても現金が手元に残ります。

私自身も海外旅行ではショルダーバッグを持って行くことが多いですが、荷物の量の関係でリュックを持ち歩くこともあります。リュックを持ち歩く場合は、財布など貴重品を服の内ポケットに入れるなどしています。また、人が多い場所や電車などでは、前に背負って目が届くようにして使います。

バッグに関しては、正直「これだと安全!」というものがありません。状況に応じて選ぶことと、盗まれないような使い方を心がけることが大切です。

スリや押し売り以外に海外で起きやすいトラブルを教えてください。

海外では観光客を狙った犯罪が色々ありますが、スリや押し売り以外に多いのが、警官を装ったニセ警官の詐欺です。

警官の服装をした人や私服警官だと名乗る人から「パスポートを見せろ」といわれ、提示するとビザの不備などいろいろ理由をつけて「罰金」と言われ現金をだまし取られます。「罰金を払わなければ逮捕だ」と脅されることも多いようです。

このような詐欺は、ニセの警官だけでなく、本物の警官が行うこともあります。日本では警官が詐欺なんて考えられませんが、国によっては警官も信用できない場合もあるので注意です。

もし、理不尽な理由でお金を払えと言われたら、「警察署に行きましょう」と言うことで撃退できます。警官に声をかけられただけで、動揺してしまうかもしれませんが、旅行先では常に冷静に判断することが大切です。

このほかに、ぼったくりも場所によっては頻繁にあります。特に空港や観光地からのタクシーは料金を多めにされることが多いです。スリや詐欺に比べ、「犯罪をしている感覚」が薄いのか海外旅行に何度か行くと普通に遭遇します。

私も実際に何度かタクシーでぼったくられたことがあります。中国の空港で空港の案内所でタクシーを手配してもらいましたが、相場の何倍もの金額を請求されました。ヨーロッパでも、「あえて遠回りしている気がする」と感じたことが何度かあります。このような場合も、現地のことを知らない旅行者だと乗ってしまってからではどうしようもないです。

可能であれば、事前にタクシー代の相場を調べておいて、乗る前に「いくらかかりますか?」と確認しておきましょう。これで確実に防げるわけではありませんが、被害に合う可能性がかなり低くなります。

女性一人で海外旅行に行きます。観光地をまわりたいと思っていますが、女性一人でも安全に楽しめるような、治安がよい場所はありますか?

女性一人で海外に行くとなると治安が心配ですよね。海外は治安が悪い場所が多いイメージが強いかもしれませんが、女性一人でも安心して旅行できる場所はたくさんあります。

私も、一人でたくさん旅行しました。場所をちゃんと選んで、対策をしっかりすれば大丈夫なことがほとんどなので安心してくださいね。

北欧のフィンランド、スウェーデン、ノルウェーやデンマークなどは比較的治安が良い場所です。オーストラリアとニュージーランドや、イギリスの隣のアイルランドなども治安が良く、女性一人でも観光しやすい国です。

私が行った場所でおすすめなのはドイツです。ドイツは観光名所がたくさんありますが、都市間は電車で移動できます。治安もとても良く、夜友達とバーに出かけることもありましたが危険を感じたことはありませんでした。もちろん、日本と同じで全く危険が無いわけではありませんが、気をつけて旅行すれば女性一人でも安全に楽しめる場所でおすすめです。

海外旅行で観光をするのに便利なスマホアプリはありますか?

海外旅行では地図や辞書などスマホアプリを活用するとスムーズです。たくさんのアプリがありますが、その中でもおすすめのアプリを3つご紹介します。

  • ・Map Me
    Map Meはオフラインで使える地図アプリです。事前にその地域のデータをダウンロードしておけば、オフラインでも使えます。GPSで現在地をキャッチしてくれます。日本ではGoogle Mapを使っている人が多いと思いますが、インターネット回線が必要です。ポータブルのWi-Fiをレンタルしている場合は大丈夫ですが、ネットにあまり繋げない場合はMap Meを活用しましょう。
  • ・Wi-Fi Finder
    Wi-Fi Finderは、Wi-Fi検索アプリです。これを使えば、世界中の有料、無料Wi-Fiスポットを検索できます。ホテルや空港などWi-Fiが使える場所で、事前にその地域のリストをダウンロードしておけば、オフラインでも検索機能が使えます。ちょっとカフェで休みたい時などに、Wi-Fiが繋がるカフェのほうが便利ですよね。そんな時にもこのWi-Fi-Finderが使えます。
  • ・Currency
    Currencyは通貨換算アプリです。現地通貨を選んで金額を入力すると日本円やドルの金額を表示してくれます。もちろん、このアプリもオフラインでも使えます。

お土産など買い物する時に、日本円でいくらか計算したいという場合にも便利です。ざっくりした金額は、慣れてくれば計算できますが、大まかな数字なので後々計算すると思ったより高かったということもありますよね。予算が決まっていて、ちゃんと計算したい場合は相場を覚えておく必要もないので使いやすいですよ。

スポンサードリンク

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね