worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)

海外旅行の楽しみのひとつが「食」ですよね。海外のレストランで食べる食事は、日本では食べられないものも多く、貴重な思い出になりますよね。海外のレストランは、日本と違う点もあります。

特にマナーなどは気をつけたいですね。また、チップなど日本にない制度がある国も多いです。海外でのレストランのマナーやチップなど気をつけたいことについて解説します。

海外レストランのマナー

海外では、マナーに厳しい国もあります。特に、欧米は日本とマナーが違うことがあるので、レストランで食事をする際は注意したいものです。マナーについては、国によって違うので、事前にインターネットやガイドブックで調べて行きましょう。マナーは周りの人への気遣いですが、きちんと守ることで周りの対応も変わるので、自分自身も気持ちよく食事をすることができます。

日本人と欧米のマナーの違いで、一番気をつけたいのが音です。食器をぶつけてカチャカチャ音をだすのはマナー違反です。日本でも、もちろんお箸でカチャカチャ音を立てることは日本でもマナー違反なので同じですが、お箸は音がなりにくいのであまり気にしないことが多いかもしれません。スプーンやフォーク、ナイフは音が出てしまいやすいので要注意です。日本人の観光客が、音をたてて食事しているのを、現地の人が嫌な顔をしてみているという光景がたまにあります。

音でもう一点気をつけたいのが、麺類です。そばや、ラーメンなど日本人はすすりますよね。その時には音を出しながら食べるのが通という感じがありますが、欧米では麺類でも音を立てて食べるのがマナー違反なので要注意です。

その他には、食事中のゲップも日本より欧米ではかなり嫌がられる傾向があります。オナラと同じくらいで、マナー違反なのでレストランで食事をする時は特に注意しましょう。くしゃみは止められないこともありますが、英語圏の国では“God bless you.” と言われます。くしゃみをすると、身体から魂が抜けてしまうと話があり、そのために「神のご加護を」と祈る習慣があります。今では、あまり深い意味はなくくしゃみをしたら、言われるフレーズなので、Thank you.といってさらっとながしてOKです。

海外のレストランのチップ制度

欧米など一部の国はチップの制度があります。チップ制がある国は、テーブルごとに担当が決まっていて、チップとして払ったお金は、そのテーブルを担当した店員さんがそのままもらうことができます。これは、お店の人のお小遣いではなく、チップを見越して給料が低めに設定されています。このチップも、レストランの店員さんの大切な生活の糧なので、よほどのことが無ければチップはきちんとお支払いしましょう。

チップの金額は国や地域によって違うので、事前にガイドブックなどで確認しておきましょう。例えばアメリカの場合は、レストランの場合、食事した金額の15~20%です。食事した後にテーブルにチップを残していくのが一般的です。チップがある国は、1ドルなどの細かい札を、用意しておくとチップを払う時に便利です。クレジットカードで支払いする場合などは、サインする時にレシートにチップの金額を記入して一緒に決済できる場合もあります。

ただ、絶対チップを払わなければならないというルールはありません。サービスの質によって、チップを少なくしたり、全く払わないということも時にはあります。私自身も、アメリカで中華レストランに行った時に、日本人だからか、あまりにも対応がひどかったのでチップを置かずにかえったことが1度だけあります。

日本のサービスクオリティーを求めない

海外旅行でのレストランでの食事は、楽しみにしていて日本で普通にレストランで食事するよりも期待が高くなってしまうかもしれません。でも、海外のレストランのサービスはまちまちです。アメリカのニューヨークは、エンターテイメント街といわれているだけあって、レストランでも店員さんの挨拶から、注文をとったり、食事の提供までショーを見ているかのようで感動したこともありました。

そんなこともありますが、基本的には日本のレストランより、待たされるし愛想がないということも少なくありません。日本では、「お客様は神様」という考えがベースにありますし、細かい気配りができます。海外は、客と店員は同等な立場ですし、日本人ほど細かいところを気にしないことがほとんどです。日本と同じ感覚で、海外のレストランへ行くと、イライラしてしまうこともあるかも知れません。海外では、日本のサービスレベルを求めないで、海外でこれが普通だからしょうがないって思って、そのサービスレベルで楽しむのがコツです。そうすると、ちょっと、いいサービスをしてもらうだけで嬉しくなれますしね。

高級レストランは予約を

海外の高級レストランは、予約制が一般的です。事前に予約をしましょう。予約をする時は、日時、人数と名前だけでなく、窓側など席の希望や、メニューの希望などがあれば事前に伝えておきましょう。特別な席を用意してもらったり、配慮してもらった時は、チップをうわのせしてお支払いするのが一般的です。また、高級レストランは、服装も気をつける必要があります。ジーンズなどでは入れないお店もあるので事前にチェックして、場にあった服装を心がけましょう。

アメリカのレストランでのサプライズ

アメリカで生活していた時のレストランの思い出が、誕生日のサプライズです。誕生日の人がいるテーブルは、お店の人に伝えると、歌ったり、踊ったりしてお祝いしてくれます。それが、店全体を巻き込んで、他のお客さんもお祝いしてくれたりします。日本でも、誕生日でお祝いしてくれるお店がたまにありますが、比べ物にならないくらい派手ですね。店中走りまわったり、自分も一緒に踊らされたりして、恥ずかしくなったりもしますが、楽しいです。もし、旅行中に誕生日のタイミングがあれば、体験してみると良い思い出になるかもしれません。

まとめ

海外旅行で楽しみのレストランでの食事ですが、国や地域によってマナーやサービスが変わります。また、チップがある国もあるので、事前にガイドブックなどで現地のレストラン事情について調べて行きましょう。マナーについては、日本人は特に音が要注意です。マナーも、日本ではいいことが海外ではダメなマナーの場合もあるので、事前の下調べが重要です。下調べをしっかりして行けば、トラブルも起こらないですし、現地のレストランを楽しんでいい思い出づくりになります。

海外旅行でのレストランに関するその他Q&A

レストランに予約する方法と、その時に必要な英語のフレーズを教えてください。

ホテルにコンシェルジュがいる場合、レストランの予約をコンシェルジュにお願いすることも可能です。英語が苦手な場合、電話だと顔が見えず伝わりにくいことがあります。また、高級ホテルのコンシェルジュだと、自分で予約した時には満席だと言われた高級レストランの予約をとってくれるというケースもあります。

コンシェルジュにお願いした時には、チップを支払います。チップの料金は、お願いしたことの難易度、手間によって金額が変わります。ただ、予約の電話を入れてくれただけだったら数ドルで大丈夫です。

ここからは、自分で予約する場合に必要な英語フレーズをご紹介します。

予約をするは英語で「make a reservation」です。電話で予約する場合は、以下のフレーズで予約できます。

英語:I’d like to make a reservation for 4 for tomorrow at 12.
日本語:明日12時に4名で予約をしたいのですが。
※「Could I make reservation~?」でもOKです。

このフレーズだと、1文で全て伝えられます。長い文が覚えられない場合は、「I’d like to make a reservation for tomorrow.」(明日の予約をしたいのですが)といって、その後人数と時間を別々に伝えてもOKです。

その後、「May I have your name?」などと名前を聞かれるので、名前を伝えます。日本人の名前は、わかりにくいのでスペルも一緒に伝えましょう。

当日レストランについたら予約していることを伝えましょう。

英語:I have a reservation. I’m Tanaka.
日本語:予約をしている田中です。

英語が苦手なので海外旅行先でのレストランの注文が緊張します。これだけあれば、伝わるという最低限の英語を教えてください。

海外旅行と言っても、現地の人と話さなくても済んでしまうことが多いですが、レストランでの料理の注文は自分から伝えないといけないので緊張してしまうかもしれませんね。

でも、難しく考える必要はありません。メニューにある単語は、スマホで辞書を引けばだいたいの内容はわかります。注文も、最悪メニューを指差して、ほしい数を指で示して伝えれば伝わります。メニュー名を言うだけでも通じます。

英語が苦手なら、あまり単語を多く使わず、シンプルな英語だけで伝えるのが、伝えたいことを相手に伝えるポイントです。

難しく考えず、ゲームを楽しむ感覚で、知っている英語でどうやったら伝わるか試行錯誤しながら挑戦してみてください。以外に、言葉がわからなくても、お互い伝えよう、理解しようと思えば伝わるものです。

折角だから、海外旅行先で正しい英語(旅行 英語)を使いたい!という人のために、使える英会話フレーズをいくつか紹介します。

入店時に聞かれるのは、人数と喫煙席か禁煙席かの質問が多いです。

人数は以下の文で聞かれます。

英語:How many?
日本語:何人ですか?

答える時は「two.」(二人です。)など人数を答えればOKです。

席について注文が決まったら、ウェイターを呼びましょう。

英語:I’d like to order, please.
日本語:注文をお願いします。

ウェイターを呼ばなくても、待っていれば来てくれることがほとんどです。「Are you ready to order?」などと聞いてくれます。

注文がまだ決まっていなければ次の文が使えます。

英語:Not yet. Just a minutes, please.
日本語:まだです。ちょっと待ってくださいね。

注文は「I’d like ~」か「I’ll have~」を使います。

英語:I’d like the onion salad.
英語:I’ll have the onion salad.
日本語:オニオンサラダをお願いします。

この他に、「Can I have~」のフレーズを使ってもOKです。

料理より先に「Anything to drink?」や「Would you like something to drink?」などで、飲み物を聞かれることが多いです。飲み物も上記の注文フレーズが使えます。

海外のレストランで食事した時のお会計はどうすれば良いですか?

海外のレストランといっても、国や地域によって違います。また、お店によっても対応が変わります。

欧米の多くのレストランでは「Check, please.」と言えば、ウェイターが会計のレシートが入ったホルダーを持ってきてくれます。丁寧に言いたい場合は「Can I have my check please?」です。イギリス英語では「check」の代わりに「bill」です。レシートで金額を確認して、ホルダーに現金かカードを挟んでウェイターに渡します。

支払い方がわからない場合、「Where do I pay?」(どこで支払えばいいですか?)と聞いても大丈夫です。

別々に支払いたい時は「Can we pay separately?」(別々に支払ってもいいですか?)と聞いてみましょう。

レストランに行くのですが、ラフな服装で行っても大丈夫ですか?

レストランでは、レベルや雰囲気にあった服装で行く必要があります。お店ごとに、ドレスコード(服装規定)があり、そぐわない場合は入店を断られてしまうこともあります。特に3つ星レストランや5つ星レストランなどは気をつけたいです。

ドレスコードは店のランクによって様々ですが、一番避けたいのはTシャツや短パンです。

旅行でおすすめなのは、スマートカジュアルといわれる服装です。男性の場合、襟付きのシャツ、スラックス、ジャケットと革靴です。スーツを着てネクタイを外すだけというのは逆にだらしなく見えるのでNGです。カジュアル用のジャケットを着用しましょう。女性の場合はブラウスとスカートなどです。パンツスタイルでももちろんOKですが、その場合シャツやジャケットなどを着ましょう。

高級レストランでは、男性はネクタイつきのスーツ、女性はワンピースやツーピースなど、日本で高級なパーティーによばれたば時の服装をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。

ドレスコードがわからない場合は、予約する時に「ドレスコードはありますか?」と聞けば教えてくれます。折角の、楽しみにしている食事なので、「お帰り下さい」といわれないように、しっかり準備していきたいですね。

レストランにメールで予約しました。予約はとれたようなのですが、「Please confirm the reservation」とあります。連絡か何かしたほうがよいですか?

最近はメールで予約できるレストランも増えてきていますよね。メールだと、文字で伝える分、正確に内容が伝わりやすいですしおすすめです。

「confirm」は予約の確認です。予約希望の日時で席を確保できるので、予約確定でよければ連絡がほしいということです。

この「confirm」は予約確定の意味の場合もありますし、「前日に」など指定がある場合は、予約の日時に確実に来店するか最終確認をするという意味です。最終確認の場合、連絡をしないと、取り消されて別の予約が入ってしまう可能性もあるので、必ず連絡しましょう。
メールでやりとりしている場合は、「confirm」もメールで大丈夫です。もちろん、電話してもよいです。

スポンサードリンク

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね