worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)

楽しい海外旅行、トラブルが何も起きずに楽しめるのが一番です。でも、海外は言葉も文化も違うのでトラブルが起きやすのも事実です。正直、日本ほど安全な国は世界中探してもないかもしれません。

トラブルは起きないほうがいいけれど、事前にトラブルについて学んでおけば、トラブルに遭遇する率も少なくなりますし、いざという時にもきちんと対処できます。日本と海外ではどう違うのか?や、海外で起こりやすいトラブル、トラブルが起こった時の対処法などを確認しておきましょう。

日本ほど安全な国はない

海外といっても様々な国がありますが、日本ほど安全な国はほとんどありません。最近は、日本も犯罪が多くなってきて、置引やスリなども発生します。それでも、海外のレベルに比べたらすごく安全な国なんです。

例えば、自動販売機が日本中にありますが、アメリカでは屋外にそれほど自動販売機はありません。初めてアメリカに行った時に驚いて、日本にも住んでいたことのある、ホストファミリーに「なぜか?」と聞いてみました。すると、こんな答えが返ってきました。「日本は安全だから、外に自販機があっても大丈夫だけど、アメリカは壊されてしまう可能性が高いから。」だそうです。

日本に普通に暮らしていると、考えてもみなかったですが、その話しを聞いて納得しました。アメリカではコンビニも夜になると閉まって、窓口での販売のみになります。夜中に営業しているファーストフードのお店には、拳銃を持った警備員が配置されています。これは、本当に一例なのですが、それくらいしないといけないくらい、犯罪が一般的に起こりうるということです。

一般に人々が暮らしている場所なので、必要以上に怖がる必要はありませんが、日本と同じような気持ちで歩かないことが大切です。日本から一歩出たら、気持ちを海外モードに切り替えるということは、旅慣れた人ならだれでもやっていることです。

海外旅行で注意したいトラブル

海外旅行へ行った時に被害に遭いやすいトラブルを確認しておきましょう。

スリ・盗難

海外旅行で最も遭遇しやすいトラブルがスリや盗難です。日本は、自分のそばに荷物を置いてあったり、バッグを身につけていたらその中から盗まれることはほとんどありません。しかし、海外ではそんなことはよく起きます。

まず、自分の荷物から目を絶対離さないことです。誰かと話している途中でも、意識は半分荷物の方に向けておきましょう。そして、バッグは自分の身体の前のほうに持って歩きましょう。肩からかけて、身体の後ろのほうにあると目が届かないので狙われます。リュックサックも目が届かない後ろに背負うものなので、服など盗まれていい物だけにしましょう。また、バッグは必ず上にチャックがついている物で、中身が見えない物にして、財布はできるだけ一番底のほうに入れます。バッグが開いていたり、財布が上のほうにあると、簡単に抜きとれてしまうからです。

強盗

海外では強盗も多発している国が多くあります。特に日本人は、お金を持っているというイメージがあるので狙われやすく注意が必要です。海外へ行く時は、折角だからオシャレしたいという気持ちになるかもしれませんが、高級ブランドなどはなるべく身につけないようにしましょう。買い物をしている時に、見られている可能性があるので、多額の現金を財布に入れない、高額紙幣を使わないなど、「お金を持っている」と思われないために、最低限気を付ける必要があります。

万が一、強盗にあったら抵抗してはいけません。どれだけお金を持って行かれたとしても、お金はあとで何とでもなります。まずは、自分の命のことを第一に考えましょう。

クレジットカードのトラブル

海外ではクレジットカードの番号を盗み取ろうとする犯罪者もいます。お店で使う時は、必ず目の前で処理してもらうことが大切です。また、ホテルに泊まっている時に、「カードが使えないようなので番号を教えてください。」と電話がかかってきて、実はホテルは無関係で詐欺師だったという事件もあります。クレジットカードに関するトラブルはとてもおいので、気を付ける必要があります。

その他

その他にも、偽警察官に連れていかれてお金を取られる、タクシーでぼったくられる、両替詐欺など、様々な犯罪があります。国や地域によっても、起こりやすい犯罪が違うので事前に調べてから旅行へ行きましょう。

海外旅行保険に加入しておく

これらのトラブルに万が一あった時のために、海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。保険によってカバーされる範囲は違いますが、身の回り品の盗難や、破損などは保険でカバーされることがほとんどです。海外旅行保険は、病気やけがなどの保障もついているので、海外旅行では欠かせません。

トラブルにあった場合の対処法

どんなに気を付けていても、完全にトラブルを防ぐことはできません。万が一、トラブルにあってしまった場合の対処法を知っておきましょう。

警察に届け出をする

犯罪に巻き込まれた場合、保険などの適用のために証明が必要なことがあります。まずは、警察へ行って事情を説明しましょう。

在外公館に相談する

海外でトラブルにあった場合は、日本大使館や総領事館などが相談にのってくれます。在外公館は日本人の安全を守ることも業務の一部だからです。トラブルにあってどうしたらいいかわからない場合や、相談する人がいない場合は在外公館に連絡しましょう。

医療機関の紹介もしてくれますし、パスポートを盗まれた場合にも再発行の手続きをしてくれます。また、現地警察とのやり取りに関するアドバイスもしてもらえます。

その他

旅行会社のツアーで海外に行っている場合は、旅行会社の電話窓口でトラブルの相談に乗ってくれます。また、海外旅行保険の保険会社も、トラブルの際の相談窓口を設けています。その他、クレジットカード会社も窓口を設けている場合もあるので、海外へ行く前に事前に確認しておきましょう。

まとめ

海外は日本にいるよりトラブルにあいやすいので、日本で生活するより気をつける必要があります。残念ながら、日本人はトラブルに慣れていないので、海外でも狙われやすくなっています。トラブルにあわないように、事前にその国で起こりやすい犯罪、トラブルを確認しておきましょう。そして、派手な格好をしないこと、お金を持っているようにみられる行動をしないことがとても大切です。万が一、トラブルにあってしまったら、落ち着いて対処しましょう。どうしたらいいかわからない場合は、在外公館に連絡したら相談に乗ってくれます。

海外旅行でのトラブルに関するその他Q&A

海外旅行で体調を崩さないために気をつける方法を教えてください。

海外旅行は慣れない気候や文化などで体調を崩しやすくなります。時差ぼけもありますし、飲み物や食べ物が身体にあわないという場合もあります。

折角のお金もかけて楽しみにしている海外旅行なので、できれば体調を崩すことなく楽しみたいですよね。予防など気をつければ防げることも多いです。予防法などを見てみましょう。

狭い飛行機の機内は要注意

海外旅行で意外に体調を崩しやすいのが、現地に到着する前の飛行機の機内です。飛行機の機内は、与えられたスペースが狭く、また海外旅行だと長時間のフライトになるため、特に慣れていない人は体調を崩してしまいやすいので要注意です。

飛行機で快適に過ごすためには、まず服装が大切です。海外旅行に行くのだから、オシャレな格好で気合いをいれて!と思っている方は要注意です。

特にヨーロッパや北米、南米などはフライト時間が10時間を越える長時間なので、できるだけリラックスできる服装を選びましょう。締め付けが少ない服を選ぶだけで、快適に過ごしやすくなります。

靴も長時間履き続けるとストレスになるので、携帯用の折りたたみできるスリッパなどがあると便利です。また、機内は冷房などがあたり寒くなってしまうことや、逆に暑くなることもあるので、羽織れるものを用意して、温度調節できるようにしましょう。

機内では、用事がなくても、数時間に1回は席を立って歩くようにしましょう。狭いところにずっと同じ体制でいると、エコノミー症候群になってしまう危険性があります。それを防ぐために、トイレに行ったり、散歩したり動くように心がけましょう。

座席後方には大きな窓がついていて、少し広いスペースがあることがほとんどです。特に海外へのフライトは、高度が高いので、朝日や夕日がとても綺麗に見えます。景色を楽しみながら、ストレッチなど身体を動かしましょう。

また、座席でも足の指で「グー」「パー」とにぎって閉じたり、膝を腕で抱えて胸に引き寄せたりするだけでも、身体が楽になります。上半身も肩を回すなど、狭い範囲でできる運動を心がけましょう。

機内でもうひとつ、心がけたいのが時差ぼけ対策です。到着時の現地の時間を考えて、機内での睡眠を調整しましょう。

現地に夕方以降の夜の時間に着くなら、機内であまり寝すぎないほうがよいでしょう。また、現地に午前中に到着する場合は、機内でゆっくり寝て現地で活動できるようにしましょう。

飲み水や食事も要注意

海外旅行で特に注意したいのは、食べ物や飲み物です。

日本のように、衛生環境が整っている国は世界でも珍しいです。そのため、日本人の身体は、菌にあまり強くありません。

現地の人が飲んでいるものでも、生水は絶対飲まないようにしましょう。また、加熱されていない食品も要注意です。特に、屋台など衛生上問題がある場所でつくられているものは、注意が必要です。加熱されたもので、あまりお腹があたらないものから徐々に慣らして食べるようにしましょう。

大げさに聞こえるかもしれませんが、私はこれらに気を付けていても中国で暮らした1週間目に食あたりして2日くらい寝込んでしまいました。アメリカから来ていた友人が結構いたのですが、聞くと多くの人が最初の1週間でお腹を壊したそうです。

一度、体調を壊すと耐性ができるのか、みんなその後は普通に食事してもお腹を壊すことはありませんでした。

この話しは、少し前の話しなので、状況は少し改善されているかもしれません。また、観光客が多く訪れる有名レストランであれば問題ないことも多いので、過敏になり過ぎる必要はりませんが、現地の人たちと同じように食べてしまうと、お腹を壊してしまう可能性があることは知っておきましょう。

中国など、衛生状況があまり良くない地域に行く場合、「A型肝炎」の予防接種を受けて行ったほうが良い場合もあります。A型肝炎は口からも感染してしまうからです。

予防接種については、外務省のホームページなどでも情報が記載されていますし、可能であれば旅行会社などプロに相談しましょう。

海外の観光地で買い物をすると商品を高く売られることがあると聞きます。ぼったくりされないための対処法を教えてください。

海外の観光地では海外旅行者向けの料金が存在している場所もあります。特に、日本人は「お金持ち」「何も知らずにお金を出す」という悪いイメージがついてしまっているため、値段を高く設定されている場合があります。

まず、先に知っておいてほしいのは、値段を高くする人たちが悪意に満ちているわけではない場合も多いという点です。

文化的に他の地域の人は現地人より多く払う風習がある場合もあります。もちろん、必要以上のお金を払う必要もありませんが、「何で高くとるんだ!」といってケンカする必要もありません。文化の違いのひとつとして、冷静にみるようにしましょう。

大切なことは、だいたいの相場を知っておくことです。タクシー料金は、ネットやガイドブックに目安の料金が載っていますので、事前に調べておきます。乗る前に「いくらですか?」と聞いて、相応の値段のタクシーを選びましょう。この一工夫だけで、ぼったくられる確率はかなり減ります。

中国へ行った時は、外国人向けに高くお土産を販売する施設などがありました。コーディネーターさんから「この店は、バスの運転手さんが紹介料をもらえるから寄るけれど、高いので、ご飯をたべるだけで物は買わないでね。」と言われたこともあります。

このように、観光中にバスでよる土産物屋は、バス運転手、ガイド、旅行会社にマージンが入る場合が多く、値段は高く設定されている傾向があります。このようなお店での買い物はできるだけ避けましょう。

観光地も、もちろん価格が高めです。お土産を安く買うなら、現地の人も利用するローカルなお店がおすすめです。売価が明示されているお店は、ぼったくられる可能性が少ないですね。

中国などのように、値切りが当然の文化もあります。その場合は、交渉しましょう。

「少し安すぎるかも?」と思う値段から提示して、交渉していき、思う値段にならなければ立ち去ります。立ち去った時に、提示している値段が正しければ、店員さんがあなたをひきとめて「じゃあ!その値段でいいよ」と言ってくれます。もし、あまりにも安すぎる値段を提示していれば、声をかけられません。

お土産は同じ物が他の店でも買えることがほとんどです。1店舗目で、安すぎて声をかけられなければ、2店舗目でもう少し高い値段で交渉してみましょう。

旅に慣れてくると、こういう交渉も、現地の人と交流する機会なので、楽しくなります。

海外では空港でもトラブルが起きやすいと聞きました。空港で起こる可能性があるトラブルを具体的に教えてください。

空港は観光客が多く集まる場所なので、犯罪者に狙われやすい場所でもあります。

例えば、アメリカでは荷物の中身がチェックできるように、基本的にはスーツケースの鍵を開けた状態で航空会社に預けます。信頼して預けるわけですが、航空会社のスタッフや運輸保安局の検査官が中身を盗むこともあります。

稀なことではなく、ある空港では頻繁に被害が起こるため、隠しカメラを設置して調査したところ、たくさんの人が逮捕されたという例もあります。また、過去10年間で数百人単位の検査官が窃盗を理由に解雇されています。被害届が出された金額も5年で3億円以上に上るといわれています。

日本へ帰国する便で盗難されてしまうと、調査が難しくうやむやになってしまう可能性があります。犯罪者も、それを狙っているケースが多いようです。

このような、窃盗はアメリカだけでなく多くの国で発生しています。窃盗を防ぐ方法はありません。できる限り、貴重品は機内に持ち込むようにして、できるだけターゲットにならないように気をつけましょう。

また、海外の空港では、手荷物受取所に誰でも入れるようになっているケースもあり、その場合、自分のもののように装って、手荷物を持ち去ってしまう犯罪者もいます。荷物受け取り時も油断せず、自分の荷物が出てきたら速やかに受け取りましょう。また、高級ブランドのバッグなどは、海外旅行に持って行かないようにしたほうが無難です。

この他に、犯罪でなくても、航空機の到着の遅れで乗り継ぎが難しくなる、などのトラブルもあります。乗り継ぎの時間はできるだけ余裕をもってとることと、トラブルが起きたら航空会社のスタッフにすぐに相談しましょう。

スポンサードリンク

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね