冬は寒い!海外旅行で日本脱出!おすすめのスポット

[char no=”3″ char=”worldtraveler(英検準1級・TOEIC875点)”]冬は寒い日本を抜け出して、あたたかい海外へ行ってみませんか?日本は四季があるので、冬は寒いですよね。夏のように、アクティブになかなか動けないかもしれません。

そんな冬も、海外へ目を向けると逆に夏の国や、真夏だと暑すぎるけど快適に楽しめる国などもあります。冬に海外旅行先を選ぶ時のポイントや冬におすすめの海外旅行先をご紹介します。
[/say]

冬の海外旅行先の選び方

冬は正月の時期を除けば旅行はオフシーズンのところが多く、安く旅行へ行けることが多いですが、日本国内だとどこへ行っても寒いですよね。そんな時に、海外旅行がおすすめです。南半球のオーストラリアやニュージーランドなどは、日本人にも人気の海外旅行先ですが、日本が冬の時期、逆に真夏のベストシーズンです。このように、南半球は季節が逆になるのでおすすめです。

また、日本より赤道に近い暑い国は、真夏に行くと暑すぎて楽しめないので、冬の少し気温が落ち着いた時期に行くと、それでも気温は高くおすすめです。赤道上の気温差が無い国でも、乾季と雨季があって、冬に乾季で過ごしやすい場所もあります。その他にも、ハワイやグアムなど常夏の島は、いつ行っても楽しめるので、お正月に芸能人が行くように、冬に人気の海外旅行先です。

あえて冬に寒いところに行くのもあり

冬に海外へ行くなら暖かいところに行きたい!と思う人が多いかもしれませんが、あえて寒い国に行くのもおすすめです。カナダや北欧のノルウェー、スウェーデンなどは日本より寒いところが多いですが、だからこそ冬には雪が降って景色が綺麗で、冬ならではのアクティビティーもあります。冬はライトアップやクリスマスに向けたデコレーションもあって、本場はすごくきれいなので、冬にあえて寒いクリスチャンの国へ行くのもいいですよ!

冬におすすめの旅行先

冬におすすめの海外旅行先をご紹介します!

ハワイ

冬に海外旅行といえば定番のハワイ!常夏の島です。実はハワイ、1年中暑いイメージがありますが12月~2月は冬で気温が少し下がります。日中は26~27℃くらいと暖かく、ビーチでも泳げるのですが、夜は20℃を切るので少し涼しくなります。また、冬は雨の日が多くなります。でも、日本よりはかなり暖かく、過ごしやすいので冬にもハワイは人気です。ハワイなんて定番すぎて…と思ってしまう人も多いようですが、自然に触れられる場所や、パワースポットもあり、一度行ったらはまってしまう人も多いです。日本語が通じる場所も多いので、初めての海外旅行で不安な人にもおすすめですよ。

ケアンズ(オーストラリア)

冬の海外旅行といえば!やはりオーストラリアが人気です。そのなかでも、ケアンズは日本から一番近い主要都市で、グレートバリアリーフや熱帯雨林などの大自然だけでなく観光も楽しめる場所として人気です。最近は日本からの便もLCCが就航していて、気軽に行けるようになっています。コアラやカンガルーなどに出会える動物園や、先住民のアボリジニ―の文化に触れられる施設などが人気です。ビーチでのんびりするのもいいですね。

シンガポール

シンガポールも冬にも人気の海外旅行先です。シンガポールは基本常夏ですが、冬の時期は、気温が少し下がるので過ごしやすい時期です。雨季なので、雨が多いですがその分オフシーズンで安く行けるのも嬉しいですね。日本から近くて気軽に行けて、東京の23区くらいの大きさとコンパクトにまとまった国なので短い滞在でも楽しめるのがシンガポールです。マーライオンが有名ですが、観光に力を入れていてその他にも、テレビで取り上げられるような観光名所がたくさんあります。子連れでも、楽しめるスポットが多いのもシンガポールの特徴です。

台湾

最近ひそかに人気なのが台湾旅行です。冬の時期台湾は、日本の春のような気候です。たまに、寒くなることもありますが、全体的には過ごしやすい気候です。日本からLCCが就航していて、格安で行くことができます。世界の4大博物館に数えられる故宮博物院を初めとして、観光名所がたくさんあり、さらに伝統芸能のショーなども人気です。小籠包などが有名ですが料理がおいしく、そして全体的に物価も安いので存分に楽しめます。マンゴーのかき氷も有名ですよね。実は、温泉も100カ所以上あるんですよ。親日家が多く、日本語を話す人も多いので、海外旅行初心者でも楽しめる場所です。

バンコク(タイ)

タイのバンコクも常夏です。4月頃が一番暑く、9月~2月頃は若干気温が下がります。といっても、暑いですが寒い日本を抜け出して、暖かいところへ行きたい人にはオススメの場所です。ビーチでゆっくり遊ぶのもありですし、仏教の国なのでお寺巡りも人気です。お寺といっても日本みたいに地味ではなく、タイのお寺はとても派手で豪華です。写真に写してもすごく映えるお寺が多くて見ているだけで楽しめます。また、物価が安く、買い物を楽しんだり、ゆっくり滞在できるのも嬉しいですよね。毎年、冬にタイで数か月過ごす日本人も結構います。親日家が多いのも、人気の理由のひとつです。

ドイツ

冬のドイツもすごくおすすめです!ドイツも北に位置していて、冬は寒いですが冬のノイシュバインシュタイン城は絵になり、すごくきれいです。また、ドイツではクリスマスマーケットが有名で、11月から、クリスマスまでおよそ1ヶ月の期間、かわいい雑貨、お菓子、クリスマス用品などが販売されていて、日本でもドイツのクリスマスマーケットが開催されるくらい人気ですごくおすすめです。クリスマスマーケットでは、もちろんソーセージなどの屋台もありますし、グリューヴァインという暖かいワインもあります。ワインの陶器のカップは、その年のオリジナルで持ち帰ってコレクションにしている人もいます。クリスマスマーケットが一番有名なのはシュトゥットガルトで約300店舗が軒を連ねるといわれています。

まとめ

寒い冬は日本を抜け出して、海外で満喫するのがおすすめです。日本が冬の時期に真夏になる国や、暑さが和らいで過ごしやすくなる場所があります。また、寒くても冬が見どころ満載の海外旅行先もあります。日本にいると、冬はなかなかアクティブになれなくて、家でゆっくりする時間が増えてしまうので、その時間を使って海外を満喫してみてはいかがでしょうか?冬は、海外も観光客が少なくなる時期なので、落ち着いて観光ができておすすめですよ。

冬の海外旅行に関するその他Q&A

冬に海外旅行に行きます。海に行きたいのですが、冬にベストシーズンを迎える海外のおすすめスポットはありますか?

冬は寒い日本を脱出して、暖かい場所でビーチを満喫したいという方も多いのではないでしょうか。冬にベストシーズンを迎えるビーチは結構たくさんあります。

常夏のリゾートとして人気のグアムやサイパンは日本が冬の時期にベストシーズンになります。グアムは12~5月、サイパンは11月~5月がベストシーズンです。

フィリピンやインドネシアの近くにあるパラオのベストシーズンは12月~6月です。タイのプーケットも11月~3月と冬の間がベストシーズンです。また、同じ東南アジアのマレーシアの、ランカウイやペナンは6月から9月が雨が多いですが、それ以外の日本の冬にあたる次期もベストシーズンに含まれています。

その他に有名なリゾート地で冬にベストシーズンなのは、スリランカやインドの近くになるモルディブ(1月~3月)、メキシコのカンクーン(12月~4月)などです。

冬休みに海外旅行に行く予定です。折角なので、寒い場所へ行きオーロラを見たいと思っています。オーロラが見られるおすすめの旅行先を教えてください。

「オーロラを一生に一度は見てみたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。日本ではきれいなオーロラを見ることができないので、海外へ行く必要があります。

オーロラが見られる場所は、北アメリカと北欧に多く点在しています。寒ければ寒いほどオーロラが見やすいと思われがちですが、北極に近すぎると見られないので要注意です。

アラスカやカナダ、北欧でオーロラを見られる地帯は、北極を中心にドーナツ状に広がっていて、オーロラベルトと呼ばれています。このオーロラベルト上にある地点がオーロラを見るのに適している点です。

有名なのはアラスカ(アメリカ)にあるフェアバンクスや、カナダのイエローナイフや、ホワイトホースなどです。北欧はフィンランドのロヴェニエミ、ノルウェーのトロムソなどが有名です。

オーロラは、極寒の場所でかつ街明かりが無い場所でしか見られないので、これらの場所へ行くまでお金も時間もかかることを覚悟しましょう。また、太陽や月などの条件等もあるので、きちんと調べてから行きましょう。そこまで調べても自然の風景なので見られないこともあります。

海外旅行の難易度としては少し高めなので、海外旅行初心者は、ツアー等に参加することをおすすめします。

冬のアクティビティーが好きなので、冬にカナダに旅行に行こうと思っています。折角なら、スキーやスノーボード以外のアクティビティーをしたいと思います。何かおすすめのアクティビティーはありますか?

カナダでもスキーやスノーボードが人気ですが、それ以外のアクティビティーで人気ナンバー1なのが犬ぞりです。広大な大地を犬が引張るそりで駆け抜ける体験は、寒いカナダならではでおすすめです。

初心者でもできるクロスカントリーや、スノーシュー、スノーモービルなどの冬の定番アクティビティーも人気です。

少し変わったアクティビティーといえば「Via Ferratta」という雪山クライミングです。イタリア語で「鉄の道」という意味のこのアクティビティーは、雪山にワイヤーやはしごなどが設置されている道を登るアクティビティーです。氷などもあるので、難易度が高めで、体力もある程度必要なアクティビティーです。

この他、凍った川でカヌーをするアイスカヌーも人気です。夏とは違った景色を、カヌーから楽しむことができます。

これらのアクティビティーは現地ガイドが必要なものも多いので、旅行会社に相談するか、インターネットなどで現地ガイドを事前に探しておきましょう。

九州に住んでいるので、寒さ対策に詳しくありません。冬に、寒い地域へ海外旅行に行く場合、持って行くべきものはありますか?また、服装はどうしたらいいですか?

普段、あまり寒くならない地域に住んでいる人にとっては、服装や持ち物が一番悩む点ですよね。

海外の寒い地域は、北海道よりもさらに寒い地域もあるので、どれくらい寒くなるか調べて万全の準備をしましょう。

服装は内側の肌着から暖かいものを選びましょう。ユニクロのヒートテックは、薄いですが1枚着るだけでかなり暖かいので上下用意しましょう。

肌着の上は、何枚か重ね着ができるものがおすすめです。セーターなど暖かい物も必要ですが、多少温度調整ができる薄めの物も持って行く方がよいでしょう。というのも、寒い地域は暖房がしっかりしていて、建物内が暖かい場合も多いからです。

コートは厚手のしっかりしたものを選びましょう。忘れてはいけないのは帽子と手袋です。寒くなると耳が痛くなるので、帽子は耳が隠れるものがおすすめです。耳あてやネックウォーマーもあると完璧です。ネックウォーマーの代わりにマフラーでもOKです。

カイロやマスクも防寒対策としておすすめです。カイロは多く持ち込む場合は、預け荷物に入れましょう。機内持ち込み不可ではありませんが、量が多いと持ち込めない場合があります。また、オイル式カイロは飛行機に乗せられません。預けるのも不可なので要注意です。

対策を忘れがちなのが靴です。雪が多い地域へ行く場合は、滑り止めがついた冬靴がおすすめです。街を歩くだけで新しい靴を買うのはちょっと…という方は、持っている靴に付けられるタイプの滑り止めもありますので、それを用意しましょう。

服装関連以外で、持って行くべきものはスマホなどの充電用バッテリーです。気温が低くなると、充電の持ちが悪くなります。暖かい地域より、少し多めに持って行くとよいでしょう。

日本が冬の時期に、暖かい地域へ行きます。海外旅行なので、できるだけ荷物を少なくしたいのです。しかし、国内では寒く、現地では暑く温度差があります。荷物は、どのように用意したらいいですか?

寒い時期にハワイなど暖かい場所に行く場合、荷物をどうしたらいいか悩みますよね。

短い期間の旅行であれば、空港の手荷物一時預り所にコートなどを預ける方法もあります。

長期の場合など、預けることが難しい場合は、できるだけコンパクトになる上着を空港に着て行くようにしましょう。ネックウォーマーやマフラーなどは、空港までの道でどうしても寒くて耐えられないという場合は別ですが、はずしていくのがおすすめです。

私も寒冷地に住んでいますが、寒いのは空港に行くために乗るバスを待つ時間くらいですから、暖かい地域へ行く場合はできるだけ薄くて軽いものにしています。靴も、寒冷地でも暖かい地域でも履けるものを選んでいます。

最近は、ユニクロのダウンなど、たためば小さくなるものが安く販売されています。旅行以外でも、便利に使えるのでひとつ用意してもいいかもしれません。

ダウンやコートなど上着は、空港に着いたらスーツケースなど預ける荷物に入れて預けてしまいましょう。現地についてから、荷物に入れるのも大変ですし、飛行機の機内で収納場所に困って邪魔になることもあるからです。

スーツケースなどを人前で開けるのは無理!という方は、予め飛行機に持ち込む手荷物に少しスペースを開けておいて、そこに入れてもよいでしょう。

コートの内側は、パーカーやニットなど羽織るものの内側に半袖や七分袖など脱げば暖かい地域でも着られるものがおすすめです。ボトムスは、ジーンズなど寒くても暖かくても着られる服装だと現地でも履けるのでおすすめです。

スポンサードリンク

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね