シドニーの南にある町、メルボルンはアートの街。オシャレなカフェや公園なども充実していて、世界一住みやすい都市に何度も選ばれています。観光都市としては、シドニーほど有名ではありませんが、ゆっくりオシャレな旅をしたい人におすすめの町です。

日本から飛行機で約10時間の場所にあり、時差が1時間(サマータイム時は2時間)と、時差ぼけの心配もなく楽しめる場所です。南半球にあるので、日本が冬の時期に夏になるので、寒さから逃れて旅行しに行きたい場所です。

メルボルン観光の旅行費用はどれくらいでしょうか?名所やおすすめの観光スポットなどもご紹介します。

メルボルンの旅費

メルボルンは日本に比べ若干物価が高いと言われています。レストランは安くても1000円程度からで、2000円程度からというお店も多いです。スーパーの食料品は、それほど高くはないですが量が多いので、1個ずつの単価を見ると高いと感じるかもしれません。飲み物はコーラが500mlで300円程度するなど、物によってはすごく高いものもあります。短期の旅行ではあまり関係ありませんが、パスタや小麦などの主食系は安い印象です。

渡航費

渡航費はシーズンによって大きく変動しますが、LCCだとセールで往復5万円弱くらいからメルボルンへ行くことができます。一般の航空会社は14~5万円くらいからが目安です。LCC以外を使う場合は、HISなどの旅行会社のパック旅行で行った方がお得で、ホテルを探す手間も省けます。

宿泊費

宿泊費は1泊A$100くらいからが目安です。高級ホテルはA$200くらいからがだいたいの予算です。モーテルやB&Bなどではもう少し安く泊まることができます。ホテルの費用もシーズンやイベントの状況などに応じて変わるので事前にチェックしましょう。

メルボルン旅行の注意点

メルボルン旅行の際に注意したいのは、入国の際に持ち込むものです。生もの(野菜、フルーツを含む)、肉製品、卵製品などが禁止されていて、持ち込むと処罰されます。カップラーメンにも肉製品が入っていたり、きちんと調べてもって行かないとうっかり!ということがあるので気をつけましょう。悪質な場合は入国拒否されます。

また、オーストラリアはたばこ税が高い国で知られていて、2017年から2020年にかけて毎年12.5%ずつ増税されます。結果、1箱3200円程度になる予定なので、愛煙家の人持ち込みをおすすめします。ただ、持ち込めるのは1人50本まで。それ以上持ち込むと課税されます。室内は完全禁煙なのでこの点も注意が必要です。

おすすめの観光スポット

メルボルンのおすすめスポットをご紹介します。芸術の街で、子連れの家族向けよりは、大人の旅行向けのスポットが多いですね。メルボルン観光でははずせない!名所ばかりなので、是非チェックして見てください。

メルボルン博物館

南半球で一番大きな博物館で、7つのメインギャラリーがあり展示品が豊富です。メインギャラリーとは別に子供用のギャラリーもあり、子供連れでも楽しめる観光スポットです。ゆっくり見ると1日かかってしまうくらいの大きさです。オーストラリアの先住民族であるアボリジニの歴史も紹介されています。カールトン庭園にあります。

■基本情報
・住所:11Nicholson St, Carlton VIC 3053
・電話番号:03-8341-7777
・営業時間:10:00〜17:00
・料金:大人$14 (16歳以下無料)
・アクセス:パーラメント駅から徒歩約10分
・HP:http://museumvictoria.com.au/melbournemuseum/

ビクトリア国立美術館

アートの街、メルボルンを感じられる美術館で、オーストラリアで最も古い美術館です。オーストラリアの芸術に触れられる美術館で7万点もの展示品を所蔵しています。入場料は無料なのですが、無料とは思えない立派な博物館です。

■基本情報
・住所:180 St Kilda Rd,Melbourne VIC 3006
・電話番号:03-8620-2222
・営業時間:10:00〜17:00
・料金:無料
・アクセス:フリンダース·ストリート駅からすぐ
・HP:http://www.ngv.vic.gov.au/

セントパトリックス大聖堂

オーストラリア最大のゴシック建築です。1858年から80年という長い歳月をかけて建築された教会は一見の価値ありです。モザイクの床、ステンドグラスなど厳かな雰囲気を演出しています。尖塔は103メートルもの高さがあります。日本ではこの規模の教会はなかなか見られないので、是非訪れたい観光名所です。夜のライトアップもキレイでおすすめですよ。

■基本情報
・セントパトリックス大聖堂/St. Patrics Cathedral
・住所:1 Cathedral Place, East Melbourne
・電話番号:03-9662-2233
・営業時間:9:30~16:30(日曜のみ8:30~13:00)
・定休日:土曜、祝日
・料金:無料
・アクセス:パーラメント駅から徒歩約5分
・HP:http://www.cam.org.au/cathedral

グレート・オーシャンロード

海沿いの道で、世界一美しい道と称賛されていて多くの観光客が訪れています。Mr.Childrenの名曲「Tomorrow never knows」のPVの撮影にも使われた場所です。オーストラリアの自然を感じられる、おすすめの観光名所です。

グレート・オーシャンロードのなかでも、一番有名な絶景が十二使徒です。海に12個の大きな岩が立っていて、その姿が使徒のようだと言われています。波の浸食で2005年に1つ崩れ落ちてしまっていますが、それでも尚、この風景はメルボルンへ行ったら絶対見たい絶景のひとつです。

■基本情報
十二使徒(Twelve Apostles)
・住所:Great Ocean Rd & Booringa Rd, Princetown VIC 3269
・電話番号:1300 137 255
・営業時間:9:00〜17:00

クイーンビクトリア・マーケット

メルボルンで買い物をするならここです!南半球最大の屋外マーケットで、600軒以上もの屋台が出店しています。食料品やお土産だけでなく、ビンテージ品など掘り出し物もあります。朝早くからやっているので、朝の散歩がてらに是非行ってみてください。

■基本情報
・住所:Corner of Victoria St and Elizabeth St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
・電話番号:03-9320-5822
・営業時間:火・木 6:00~14:00、金 6:00~17:00、土 6:00~15:00、日 9:00~16:00
・定休日:月・水
・HP:http://www.qvm.com.au/

まとめ

メルボルンは芸術の街です。世界一住みたいまちメルボルンはカフェや公園もたくさんあり、長期間滞在したくなる場所です。街中にも、芸術家が書いた絵があったりして、街全体でアートを感じられます。周辺にはここで紹介しきれなかった、自然豊かな観光名所もたくさんあります。メルボルンに滞在しながら周辺の国立公園に足を伸ばすのもおすすめです。ザ!観光地!というような派手さはないですが、一度は訪れたい場所のひとつです。定番の観光地に飽きてきたら、メルボルンを旅行先に選んでみてはいかがでしょうか?

当サイト人気No1コンテンツ

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね