マカオは中国の特別行政区で、香港のすぐそばにあります。マカオといえばカジノが有名ですよね。マカオのカジノはラスベガスを超えて売上額が世界一です。そのため、マカオはカジノのイメージが強いかもしれませんが、他にも様々な魅力があり人気の海外旅行先です。時差もたった1時間で、大阪からのフライトは行きが4時間、帰りは3時間半と、日本から近くとても行きやすい場所です。

マカオは近年までポルトガルの植民地だった場所で、西洋と東洋の文化が入り混じった面白い場所です。現代的なビル群もありますが、世界遺産に指定されている旧市街はたくさんの歴史的建造物が建っています。また、食事がおいしいのもマカオの魅力のひとつです。マカオへ行ったら絶対欠かせないのが飲茶ですが、エッグタルトなど西洋の文化が入り混じったローカルフードも沢山あります。

また、マカオから香港は約60kmでフェリーで行くことができます。香港も人気の観光地なのでセットで行くことがおすすめですよ。

マカオの旅費

マカオは日本から比較的近く人気の場所なので比較的安い予算で行くことができます。また、物価も日本より少し安いです。高級レストランなどもありますが、大衆食堂では1000円以下でもかなりたくさん食べられます。タクシーも初乗り150円くらいからとかなり安く、移動に便利です。チップ制度も香港に比べあまり浸透していません。このように、マカオは様々な面で安く済むので、安い予算で海外旅行へ行きたい人にもマカオはおすすめです。

香港は、マカオより若干物価が高いですが、それでも食べ物やタクシーなど日本に比べて安いです。節約すれば1日3,000円程度で観光や食事など楽しむことができます。

渡航費

マカオへの渡航費はどれくらいでしょうか?往復の飛行機は20,000円くらいからです。シーズンや、直行便、経由便など条件によって多少前後します。このほかに、日本と現地の空港使用料が5,000円程度かかります。また、航空会社によっては燃油代がこの他にかかる場合があります。

宿泊費

マカオの宿泊費は日本と同じか少し安いくらいです。ピーク期を外せば、5つ星クラスのホテルに1泊20,000円程度から泊まることができます。一般のホテルは6,000円前後からが一般的で、観光地にしてはそれほど高くない印象です。さらに安く泊まりたい場合はゲストハウス等もあります。ただ、マカオのゲストハウスは、安全面、衛生面であまり良くないところも多いので、海外旅行初心者の場合はあまりオススメしません。そういう場所を使う場合は、口コミをよく確認してから予約しましょう。

格安でマカオ旅行へ行くならHISなどの格安旅行会社のパック旅行がおすすめです。ホテルを探したりしなくてもよいので、便利で海外旅行に慣れていない人にもおすすめです。

マカオ旅行の注意点

マカオは広東語(中国語)ですが、英語や北京語も通じます。

喫煙については、一部禁煙エリアがあります。タクシー、映画館などで、そのような場所で喫煙した場合罰金があるので喫煙者は注意が必要です。その他に、道端でタンを吐いたり、ポイ捨てした場合には罰金があるので要注意です。

マカオおすすめの観光スポット

マカオの定番観光スポットから、子連れ家族で行けるスポット、口コミで人気のスポットなどをご紹介します。

カジノ

マカオへ行ったら、折角だからカジノを体験してみたい!という人も多いのではないでしょうか。小額からかけられるものもあるので、3,000円くらいからちょっと体験!ということも可能です。カジノがある地域は、比較的治安がよく深夜まで人が多いのも特徴です。ギャラクシー・マカオ、ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート、ザ・プラザ・マカオなどカジノができる場所はいくつかあります。

マカオタワー

電波塔のマカオタワーは338mで、マカオで一番高い建築物です。晴れた日の展望台からの眺めは最高で、中国本土も見ることができます。また、バンジージャンプなど、高さを生かした様々なアトラクションを楽しむことができます。ショッピングや映画も楽しめて、レストランもあるので、マカオ観光では外せないスポットになっています。ジャンプはムリ!という人は、塔の外の手すりがない場所を命綱を付けて歩くスカイウォークなどもありますよ。日本のテレビでもよく出てくるスポットです。

■基本情報
・住所:Largo da Torre de Macau
・営業時間:年中無休/10:00~21:00 (土・日・祝 9:00~)
・料金:135パタカ(大人)、12歳未満と65歳以上は70パタカ、3歳未満無料
・公式URL:https://www.macautower.com.mo/

セナド広場

世界遺産に登録されている旧市街にあります。植民地時代に建てられた、ポルトガル風の建物が多く並んでいて、一瞬違う国に来たかのような気分になります。思わず写真に収めたくなる景色です。現地の人も、休日によく行く場所で人気のスポットです。周囲には様々な歴史的な建物が並んでいて、ここから観光スポットを色々とまわるのがおすすめです。

■基本情報
・住所:Largo do Senado, Macau

マカオ ジャイアントパンダ パビリオン(澳門大熊猫館)

中国と言えばパンダですよね。マカオでパンダを見たいならここです!2頭のパンダがいて、時間入れ替え制なので間近でパンダを見ることができます。パンダは、見やすいようにガラス窓の近くに餌がおかれていて、思ったように近くで見れた!という口コミが結構あります。パンダ以外にも、キツネザルやフラミンゴなどの動物も見ることができます。またちょっとした遊具もあるので、子連れで行っても楽しめる場所です。

■基本情報
・所在地:路環石排灣郊野公園
・営業時間:10:00~17:00 (13~14時は昼休憩)/月曜定休、月曜が祝日の場合は火曜休
・料金:一般MOP10、12歳以下、65歳以上ともに無料
・公式URL:http://www.macaupanda.org.mo

マカオ博物館

聖ポール天主堂のそばにあります。マカオの歴史、中国の歴史を知りたいならここです。子連れで楽しむという感じではないですが、ゆっくり歴史に触れたいという人にはおすすめの場所です。1時間程度で観られるので、天主堂と一緒にセットで行くのもおすすめです。

■ 基本情報
・開館時間 10:00〜18:00 /月曜日休館
・料金:大人15パタカ /5〜10歳、学生、60歳以上:8パタカ(幼児は無料)
・場所:聖ポール天主堂跡近く
・公式サイト http://www.macaumuseum.gov.mo/

ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター

水を使ったショーで、暑い夏も涼しく感じられておすすめです。サーカスのようなアクロバティックなショーが人気で、子連れの家族やカップルなどにもおすすめです。90分のショーですがあっという間だった!と口コミでも高い評価です。

■基本情報
・住所:Estrada do Istmo, Cotai, Macau (※シティー・オブ・ドリームズ内)
・営業時間:17:00~21:30
・公式URL:http://thehouseofdancingwater.com/en/#/home

まとめ

マカオは日本からも近く人気の海外旅行先です。観光だけでなく、食べ物もおいしくて世界遺産もある!そしてカジノも楽しめるのがマカオです。中国の一部ですが、ポルトガルの影響があり、西洋の雰囲気も味わえる場所です。観光地にしては、物価もそれほど高くなく、お得に楽しむことができます。近くの香港には、ディズニーランドもあるので、マカオと香港セットで楽しむのがおすすめです。どちらも、中国の雰囲気と、欧米の雰囲気両方楽しめるので面白い場所ですよ。

当サイト人気No1コンテンツ

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね