プーケット観光はパトン・ビーチが外せない!新名所のビッグブッダもおすすめ!

プーケットは、タイの南にある最大の島です。世界の中でも有数の観光地で人気の海外旅行先です。海に囲まれていてきれいなビーチがたくさんあります。島の大半が山で、ジャングルも楽しむことができるのが、プーケットの魅力のひとつです。昔は中国やポルトガルとの交易だったため、旧市街(プーケットタウン)にはその影響を受けた建物が並んでいてその光景も必見です。

プーケットへは、日本から首都バンコク経由で行くのが一般的です。時期によっては、成田からプーケットの直行便(タイ国際航空)が出ている場合もあります。成田とバンコクの飛行時間は6時間~6時間半程度で、バンコクからプーケットへは1時間20分程度です。日本から比較的近く、常夏で、物価も安く人気の海外旅行先です。

プーケットの旅費

プーケットへは海外旅行先の中で、比較的費用を安く抑えられる場所です。航空券代、宿泊費、物価など全体的に予算が少なくてすむので、気軽に行けるのが嬉しいですね。具体的に旅費や費用はどれくらいかかるのでしょうか?

まず、全体的な物価ですが、日本よりかなり安いです。バスを利用した場合、数十円~100円前後で市内の移動ができます。三輪タクシーのトゥクトゥクの値段は交渉次第ですが、タウン内の移動であれば300円程度で移動することができます。

食事も、屋台などがたくさんありラーメンが1杯150円程度からで、とても安く食べることができます。屋台で食べる人が多いので、レストランは少し高めです。

渡航費

渡航費は、タイ国際航空や、日本の通常の航空会社を使った場合は30,000円前後からですこれに、空港税などがかかるので、35,000円(往復)が渡航費の目安です。中国などを経由してLCCなどを使えば、さらに安く渡航費を抑えることができます。

宿泊費

タイでホテルに宿泊した場合はスタンダードなホテルだと5,000円くらいからが相場です。ゲストハウスは3,000円くらいが予算の目安です。高級ホテルは10,000円~15,000円から泊まることができます。日本や他の観光地に比べるとかなり安いですね。

海外旅行にあまり慣れていない人はHISなどでホテルと飛行機が一緒になったパック旅行を予約するのがおすすめです。パック旅行は、30,000円くらいからあります。金額によって、直行便、経由便の違いや、LCCを使う場合、ホテルのランクの差がなどもあるので、事前にしっかり確認して予約しましょう。

プーケッ旅行の注意点

タイ旅行全般に言えることですが、プーケットでもスリやひったくりが多いので気をつけましょう。お金を持っているように見えるような派手な行動は控えたほうが良いです。また、女性の過度な露出は安全のため避けましょう。飲み水はミネラルウォーターを買って飲みましょう。

タイ独特の法律としては、不敬罪があります。王室に対して、誹謗中傷を行うと不敬罪として罰せられます。タイの人々は、王室を尊敬しているので、その文化を尊重してトラブルが起きないように気を付けましょう。

おすすめの観光スポット

プーケットのおすすめの観光スポットを定番の名所を中心にご紹介します。

パトン・ビーチ

プーケットの中心部から約20kmのところにあるプーケット最大のビーチです。周辺はプーケット最大の繁華街で土産物屋、露店、レストランなどがたくさん並んでいます。観光名所のひとつで、ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設が充実しています。物価は、タイにしては少し高めですが、色々なものが揃っているので是非訪れたい場所です。

■基本情報
・住所:Patong Beach – Katu Patong Beach, 83150

プーケット・ファンタシー

カマラビーチにある施設で、ゾウなどのショーや、タイの伝統的な踊りが楽しめる場所です。タイ伝統料理も提供されるので、タイの文化・伝統を肌で感じたい人にはおすすめのスポットです。ショーは子供たちにも人気で、子連れの旅行でも楽しめます。営業は夕方~夜にかけてです。

■基本情報
・住所:99 Moo3 Kamala Beach, Kathu, Phuket 83120
・営業時間:17:30~23:30(木曜定休)
・電話番号:076-385-000
・公式サイトURL:http://www.phuket-fantasea.com/index.php

ピピ島

映画「ザ・ビーチ」に登場した伝説のビーチがある島で人気の観光名所です。ダイビングやシュノーケリングでもおすすめの場所です。自然豊かな島で、様々な生態系が残っています。島の周りはサンゴ礁で囲まれています。船で島を一周することもできます。プーケットから45kmと距離があるので、少し時間に余裕を持って行くことがおすすめです。

■基本情報
・住所:Phi Phi Island

シャロン寺院

プーケットで最大で、伝統的な寺院です。正確な建築時期は不明ですが1800年代前半に建てられたといわれています。日本にはない独特の建物は一見の価値ありです。地元民にも愛されている寺院で、ご利益があると言われています。敷地内にある仏舎利塔には、ブッダの誕生から死ぬまでの姿が描かれています。その他にも王室博物館など、観光で楽しめる施設があります。寺院なので、キャミソールなど露出度が高い服装は控えましょう。爆竹が鳴らされるので、子連れで行くと、子供が怖がる場合があるので要注意です。

■基本情報
・住所:Chaofa Road ( West ) Chalong Phuket, Phuket Town, Phuket
・参拝可能な時間:6:00~18:00

プーケットオールドタウン

プーケットへ行ったら是非見ておきたい観光名所がこのオールドタウンです。19~20世紀に、中国やポルトガルと貿易を盛んに行なわれていました。現在でもその影響を受けた「シノポルトガルスタイル」とよばれる建築様式の建物が残っています。ポルトガルと中国の影響を受けた、何とも不思議なセンスの建物が並んでいます。「プロムテープビル」といわれる、元警察の建物がその中でもシンボル的存在です。土産物屋や、レストランなどがたくさんあるので、観光がてら歩いてみるのがおすすめです。夜は、ライトが照らされてまた違った雰囲気に。また年1回ここで、お祭りも開かれます。

■基本情報
・住所:Phuket Town

プラ・プッタミングモンコン(ビッグブッダ)

今、プーケットで大人気の観光名所がここ!大理石でできた巨大な仏像で、「ビッグブッダ」の愛称で親しまれています。なんと、その高さは45mで、奈良の東大寺の大仏の3倍もの大きさがあり、一見の価値ありです。建築開始からかなりたった今でも工事中で、建築のための大理石が300円程度から購入でき、裏に願いごとを書いて寄付すると建築材料として使われます。子連れでの家族で行った時など、それぞれ1枚ずつかいたら、旅の思い出になるのでおすすめです。場所は、プーケットの中心部から約25kmくらいです。寺院なので、露出度の高い服装は厳禁です。もし、キャミソールなどで行ってしまった場合は、入口でパレオを貸してもらえます。テレビなどでも、取り上げられていて、口コミでも人気の注目度が高いスポットです。

■基本情報
・住所:42/14 Theokasattree Rd.,Moo.2,T. Rassda, A.Muang, Phuket 83000
・営業時間:7:00~21:00(年中無休)
・電話番号:081-891-3827
・入場料:無料(寄付制)
・公式サイトURL:http://www.mingmongkolphuket.com/

まとめ

プーケットは世界有数のリゾート地ですが、日本から比較的近く、物価も安いので人気です。ビッグブッダや寺院など、仏教系の名所も多く日本人になじみやすい場所でもあります。観光を楽しみながら、海でもゆっくりできて、家族で行っても安くすむのでおすすめの海外旅行先です。海外旅行先で迷ったら、プーケットも候補として考えて見てはいかがでしょうか。

当サイト人気No1コンテンツ

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね