バンクーバーはカナダで人気の観光スポットです。日本から直行便の飛行機で約9時間の距離にあります。アメリカ国境からも近くシアトルからは車で2時間の場所にあります。アメリカとカナダの2カ国を一気に楽しみたい人にもおすすめの街です。アメリカの北に位置するカナダの中では比較的暖かい場所なのも人気の理由のひとつです。

自然が多く残っていて、美しい街並みが人気で日本から留学やワーキングホリデーなどで滞在している人も多くいる場所です。カナダにいる日本人の3割がバンクーバーにいるとか。そのため、日本食など日本のものも比較的簡単に手に入るので、海外旅行初心者でも安心して行ける場所です。治安もアメリカなどに比べ良いといわれているのも、バンクーバーが人気の秘密です。

バンクーバーの旅費

バンクーバーへの旅費の予算はどれくらいでしょうか?物価や飛行機代、ホテル代など旅行前に確認しておきたいポイントですね。順番に確認して見ましょう。

まず、バンクーバーの物価についてですが、以前は物価が安いことが人気の理由のひとつでした。しかし、年々物価が上がっていて、カナダの中ではかなり高い街といわれています。日本の主要都市と同じくらいですが、観光エリアは若干高めになる傾向があるので、予算は多めに用意しておいたほうが良いでしょう。その時の為替相場によっても前後するので、事前に為替レートも見ておく必要があります。

スーパーで買い物をする場合の食費は、バンクーバーは日本に比べて若干安いので、旅費を抑えて長く滞在したい場合は、外食の回数を減らして、パンやフルーツを買うなど自炊の回数を増やすと、食費を抑えることができます。タバコは日本より高いので、喫煙する人は日本の空港の免税店で購入しましょう。

渡航費

バンクーバーの渡航費ですが、一般的な価格は直行便で13万円程度からです。経由便だと11万円程度からで若干安くなります。シーズンによっても価格が変わります。またHISなどの格安旅行を扱う旅行会社で、航空券やパッケージツアーを探すと安いツアーが見つかる場合もあります。特にパッケージツアーはホテル代込みで6泊10万円程度からあるので、海外旅行の手配に慣れていない人は、HISなどのパッケージツアーを予約するほうが安心かもしれません。

宿泊費

バンクーバーのホテル代は、高めに設定されています。中級ランクのホテルで15,000円前後です。モーテルでも8,000円前後なので、多めに予算をとっておく必要があります。ホテルは、毎日費用がかかるものなので安く抑えたいとは思いますが、安くすると、治安が悪い地域や、不便な地域にある場合や、古い建物で不便だったりする場合もあるので、事前にしっかり口コミを確認しておくことをおすすめします。

バンクーバー旅行の注意点

バンクーバーで公共交通機関を使って旅行する場合は、1 Day Pass(1日券/トランスリンク社発行)を使うのがおすすめです。大人はCA$9.75、日本円では760円程度(2016年7月現在)で、市内のバス、トレインなど主な公共交通機関が1日乗り放題になります。このチケットはエリア制なので、乗るエリアを事前に確認してから購入しましょう。

また、バンクーバーといえば自然のアクティビティーが人気ですが、ほとんどのアクティビティーが事前予約必須なので、当日ふらっと行って参加するということができません。日本から出る前に事前に調べて予約してから行きましょう。

おすすめの観光スポット

バンクーバーでここは押さえておきたい!定番観光スポットをご紹介します。

バンクーバー ルックアウト

バンクーバーのシンボルともいわれるバンクーバーセンターの展望デッキです。バンクーバーの景色が360度見渡すことができて、夜景もすごくキレイです。エレベーターの入場券は1日有効なので、時間があれば昼と夜2回見に行くのもおすすめですよ。また、展望デッキよりさらに上には、360度回転しながら、景色が見られるレストランもあります。

■ 基本情報
・住所: 555 West Hastings Street Vancouver
・営業時間: 8:30~22:30 (時期によって変わる)
・料金: 大人: CA$15
・公式サイトURL:http://www.vancouverlookout.com/

バンクーバー美術館

裁判所として使われていた歴史ある建物が美術館になっています。カナダの美術品はもちろんですが、20世紀半ばのイギリスアートも展示されています。また、カナダの画家エミリー・カーのコレクションをあつめたギャラリーも展開されています。バンクーバーでアートに触れたければここです!カフェやお土産ショップもあるので、ゆっくり過ごすことができます。

■ 基本情報
・住所: 750 Hornby St Vancouver, BC
・営業時間: 10~17時(火曜は~21時)
・料金: 大人:CA$17.50(冬季)、CA$20(夏季)
・公式サイトURL: http://www.vanartgallery.bc.ca

キャピラノ吊り橋

高さ70メートルのところにあるつり橋で、全長は140メートルほどあります。70メートルは建物でいうと30階くらいの高さで、高いところが好きな人にはおすすめのスポットです。ダウンタウンから車で15分程度の場所にあり、自然豊かな場所なので、バンクーバーの自然を楽しみながらつり橋ウオーキングができますよ!

■ 基本情報
・住所: 3735 Capilano Rd., North Vancouver, Bc, V7R 4Ji Canada
・営業時間: 9~18時(時期によって変わる)
・公式サイトURL: http://www.capbridge.com/

スタンレーパーク

カナダの国定史跡にも指定されている公園で、バンクーバーで一番古い公園です。日比谷公園の25倍もの広さがあり、モニュメントや、3500本ものバラなど見どころが沢山あります。広い園内をまわるためのシャトルバスもあるほどです。歴史的なモニュメントも多いので事前にガイドブックなどで調べていくのがおすすめです。子連れでゆっくりしたい時にもいいですね!

■ 基本情報
・住所: Stanley Park, Vancouver, British Columbia
・公式サイトURL: http://vancouver.ca/parks-recreation-culture/stanley-park.aspx

まとめ

バンクーバーはアメリカから近く、日本人の長期滞在者も多い場所です。冬も、北海道ほど寒くなく、カナダの自然が楽しめるスポットとして人気です。子供たちがワイワイ楽しむ場所は少ないですが、自然が大好きな家族が子連れで行くには、治安も比較的良いのでおすすめの旅行先です。ここではひとつひとつ紹介できませんでしたが、バンクーバーではカヤックなど様々な自然アクティビティーが人気です。事前予約が必要なので、家族で行く場合は特に事前にしっかりした調べして、みんなで楽しめるアクティビティーを予約して行くことをおすすめします。

当サイト人気No1コンテンツ

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね