ハネムーンにおすすめな海外観光地10選。

海外にハネムーンへ行きたいけれど、どこへ行こうか迷っている人も多いかもしれません。

一回きりのハネムーン!迷いますよね。海外ではおすすめのハネムーンの旅行先がたくさんあります。そこで、ハネムーンにオススメな海外観光地10カ所をご紹介します。

worldtraverer

ハワイ

常夏の島ハワイは、昔から日本人に人気の海外旅行先です。アメリカなのに、日本から近く、時差も少なく、そして親日的で、日本語が通じる場所がたくさんあり、日系人も多く日本人が気軽に旅行できる場所です。そのため、ハネムーンでもとても人気な旅行先です。ダイアモンドヘッドなどの自然スポットもありますし、グルメや買い物のスポットも充実しています。もちろん、キレイなビーチもたくさんあり、海を満喫することができます。

グアム

グアムもハワイに並んで昔からハネムーンの定番の旅行先ですよね。日本から3時間半で、時差がたったの1時間で行ける常夏の島で、行きやすい海外旅行先です。札幌や福岡など地方都市からも直行便がでていて、休みが短くてもグアムなら海外でのハネムーンが可能です。グアムもキレイなビーチがたくさんあります。タロフォフォの滝公園や恋人岬など、自然のスポットも多いです。また、先住民族のチャモロ族の文化に触れられる施設などもあります。日本からの観光客が多く、日本語対応できる場所も多いので、海外旅行にあまり慣れていない人たちもストレスが少なく楽しむことができます。

バリ島

ハネムーンで人気の旅行先のひとつインドネシアのバリ島は、神々が住む島といわれています。ヒンドゥ教の寺院などが多くあり、パワースポットといわれている場所もたくさんあります。また、自然も豊かで、海だけでなく、山の自然も楽しむことができる島です。遺跡や、動物園などもあります。ひとつの島に、宗教文化、山、海など、見る場所が凝縮されている場所です。バリ島はリゾート地ですが、宿泊費もふくめて物価が安く、おみやげなども安く買えるので予算が少なくても楽しめるハネムーン旅行先です。また、バリはリピーターも多く、旅行者の満足度も高いといわれています。

シンガポール

日本から気軽に行けて人気のハネムーン旅行先のひとつがシンガポールです。マーライオンパークはとても有名ですが、その他にも様々な観光名所があります。高さ165メートルのシンガポールフライヤーは28人乗りのゴンドラがあり、街の景色が見られます。特に夜景はキレイでおすすめです。カジノや、サファリ、動物園など楽しめるスポットが満載です。色々見るところがあるのに、東京23区の大きさにまとまっていて、コンパクトにまとまっていて、日本からも近いので多く休みが取れない人にもおすすめです。

モルディブ

「天国の島」といわれるモルディブは、憧れのリゾート地でハネムーンの旅行先として大人気。1200以上もの島があり、そのほとんどがリゾートです。島ひとつひとつがリゾート地になっていて、リゾートでゆっくりするのがモルディブの定番プランです。ダイビングのスポットもたくさんあり、ウミガメと泳いだり海を満喫できます。憧れのリゾートといわれるモルディブは費用が他の観光地より高い傾向がありますが、予算があればハネムーンにピッタリの旅行先ですね。

ニューカレドニア

フランス領のニューカレドニアも人気のハネムーン旅行先です。オーストラリアの近く、南半球にある島国で、フランスの雰囲気が漂うキレイな街並みと、海のリゾートが人気です。南半球で、日本とは季節が真逆なので12~3月がベストシーズンです。映画「天国に一番近い島」の舞台になった、「ウベア島」があり、白い砂浜と海の光景は絶景です。海では、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティも人気で、イルカに出会うことができるかも!

イタリア

イタリアもハネムーンで行きたい場所のひとつですね。ローマやヴェネツィア、フィレンツェ、ナポリなど海外旅行で人気の都市がたくさんあり、電車で3~4都市くらいまわるのがおすすめです。中でもローマは、見所満載です。歴史地区の街並み全体が世界遺産に登録されていますし、コロッセオもテレビなどで見たことが無い人がいないくらい有名な観光名所です。南イタリアにはリゾート地もあり、歴史的な場所、街並みとリゾート両方楽しむのもいいですよね!

スペイン

情熱の国スペインも、ハネムーンにピッタリの海外旅行先です。キリスト教とイスラム教の文化がまじりあって、独特の文化が構築されています。修道院や貴族の館など、歴史的に重要な建物をホテルに改築したパラドールといわれる国営ホテルもおすすめですよ。パエリアなどが有名なスペインの食も、日本人にあうので食も楽しめるのがスペインです。スペインといえば、バルセロナのサグラダファミリア。1882年からつくられていて、まだ完成していない大聖堂です。フラメンコやサッカー観戦も人気です。

オーストラリア

オーストラリアも海外のハネムーン旅行先として人気の場所です。グレートバリアリーフや、エアーズロックなどの大自然を感じたり、コアラやカンガルーなどの動物と触れ合うこともおすすめです。日本からもLCCが就航していて、最近では比較的安くオーストラリアに行くことができます。シドニーなど大都市もあるので、自然と都市の観光地両方とも楽しめるのがオーストラリアの魅力です。シドニーは世界3大美港のひとつといわれていて、その景色もとても美しくておすすめです。

ドイツ

ドイツもハネムーンの旅行先としてとてもおすすめの場所です。比較的治安がよく、交通網もしっかりしているので安心して旅行できる場所です。ロマンティック街道などが有名で、ドイツの町並みは写真集に出てくるような風景で街を歩くだけでも楽しめます。ノイシュバンシュタイン城やケルンの大聖堂などの有名な観光地もありますし、ビールや美味しいものが楽しめるオクトーバーフェストや、クリスマスの時期のクリスマスマーケットなど観光客も楽しめるイベントあります。時間があるなら、電車でドイツ一周の旅もおすすめです。きっと、忘れられないハネムーンになるでしょう。

まとめ

一生に一度きりのハネムーン。折角だから、海外で満喫して一生こころに残る思い出づくりをしたいですね。シンガポールやハワイのように、比較的日本から近く気軽に行ける場所もありますし、折角なのでドイツやイタリア、スペインなどヨーロッパの都市を巡って満喫するのもいいですよね。予算や、時期、仕事の都合などにあわせてピッタリのハネムーン旅行先を選んでみてくださいね。

ハネムーンで海外に関するその他Q&A

ハネムーンで海外に行く人は、何度か海外に行ったことがある人が多いのでしょうか?私たち2人とも海外が初めてで英語が話せないので、国内旅行にしたほうがいいか迷っています。

お二人とも初めての海外だと心配ですよね。調べてみたところ新婚旅行に行く人の2~3割程度が海外初体験のようです。割合的には、海外に行ったことがある人の方が多いですが、初めての方も少なくないようですね。

もし、海外旅行に行ってみたいという思いがあるのでしたら、この機会に行ってみるのもありだと思います。新婚旅行だと仕事も長期の休みが取れやすいですし、旅行の費用も普段より多めに用意している人が多いのではないでしょうか。そういう意味では、旅行 英語が苦手でお二人とも初めてでも、ハワイなど定番の海外旅行先だったら、それほど不便を感じずに旅行を楽しめると思います。多少、困ることがあっても、二人で協力して乗り越えると、それがまた後々いい思い出になると思います。

ハネムーンで海外に行っている方の期間はどれくらいが一般的でしょうか?

ハネムーンは7~8日程度と、少し長めに海外に行く人が多いようです。それでも、もう少し長く行きたかったという感想が多いですね。

もちろん、それより長い人もいますし、短い人もいます。3日程度の短期で行くカップルもいるようです。

ハネムーンの場合、普段よりは休みが取りやすいと思うので、予算や仕事の都合がつけば少し長めに行くのがおすすめです。特に、結婚式の翌日などに出発する場合は、飛行機での移動もあるので疲れてしまって、初日はゆっくりしか動けないという場合もあります。それも考慮して、少しゆっくり行けるといいですね。

逆に、「短期間しか休みが取れない…」という方もいると思います。短期間だと楽しめないのか?というと、そんなことはありません。

近場だと3日くらいから行ける場所もあります。やはり、ハネムーンは特別な思い出になるので是非行ってお二人でいい時間を過ごしてくださいね。

ハネムーンを海外旅行のツアーで申し込みました。ホテルまでの送迎以外はほとんど自由行動のプランです。現地で5泊するうちの最後の1泊だけツアーで泊まるホテルとは別の前から泊まりたかったホテルに自分で予約して泊まろうと思います。その場合、離団金という費用が別途かかると言われたのですが、ホテルを1泊分使わないのになぜさらにお金を払わなければいけないのですか?

折角の海外旅行ですし、憧れのホテルがあれば1泊だけでも泊まりたいというお気持ちはとても良くわかります。しかし、ルールとして「離団金」というものを設けているところも少なくありません。

航空券とホテルを全てセットにして販売しているため、お二人だけホテルを3日間キャンセルするとなると、キャンセル等の手間がかかります。また、現地で送迎のガイドがいる場合には、ガイドにそのことを確実に伝える必要があるなど、業務上の手間が発生してしまいます。

特に格安旅行会社などは、スタッフの人数も限られていてできるだけ業務量を減らしたいという内部事情もあり、このようなイレギュラーが発生しないように離団金のルールを設けているところがあるようです。

どうしても、違うホテルに滞在したい場合は、割り切って離団金を支払うのがトラブル等も起きにくく確実です。

離団金を支払わないために、ツアーのホテルはそのままにしておいて、最終日の朝早めにホテルに戻りチェックアウトする人もいるようです。この場合、万が一戻れなかった場合や、イレギュラーが発生してしまった場合などは、ご自身の責任で対応しなければいけませんので、その点はご注意ください。

ハネムーンで海外旅行に行く場合、海外旅行保険は新姓と旧姓どちらで申し込めば良いですか?

海外旅行保険の場合、新姓か旧姓かは保険会社によって対応が異なります。

現地でキャッシュレスの治療を受け安くするためにパスポートと同じ姓にするという会社もあれば、申し込み時の支払いの関係でクレジットカードと同じ姓にするという会社もあります。また、新姓で登録してくださいという会社もあります。

万が一、保険の補償を使うことになった時になった時に余計な手間にならないように、事前に保険会社か代理店に確認しておきましょう。

ハネムーンで海外に行こうと思っています。旅行先をどこにしたらいいかで悩んでいます。どのように決めたらいいですか?考慮すべき点などありますか?

旅行先選びは迷いますよね。特に、ハネムーンとなると一回きり!と思うとさらに悩んでしまいますよね。

まず、一番大切なのはお二人がどこに行きたいかだと思います。お互いの好みや、行ってみたかった場所を話しあって、いくつか候補を出してみましょう。見たい観光地、食べたい物など、お互いの好みをいいながら候補地を探すのが結構楽しい時間です。

まずは、予算や日数などの条件など関係なしに、どこが行きたいのか考えるところがからはじめてみるといいですよ。先に条件から絞ってしまうと、実は条件をやりくりしたら行きたい場所に行けたのに、最初からあきらめてしまって候補地に入ってなかった…ということがあり得ます。

候補地をいくつか選んだら、予算や日数、治安の問題など条件を具体的に書きだして、その中でどこが現実的かみながら絞って行きましょう。現地の時期や気候の問題もあるので、忘れずにチェックしましょう。オーストラリアなど南半球は、季節が日本とは逆なので要注意です!ある程度絞ったら、実際のツアーや、飛行機、ホテルなどを調べて、最終的に行く場所を決めましょう。

特に行きたい場所がなければ、記事でおすすめした場所は人気の場所なので、その中から考えてみてもよいと思います。

ハネムーンで初めての海外旅行へ行きます。ケンカしてしまわないか心配です。アドバイスをください。

旅行に行って長時間一緒にいると、お互いの素の部分がでてきます。また、海外だと、思い通りにならないことや自分の常識外のことが起こったりして、お互いに余裕がなくなってしまってケンカになってしまうこともあります。実際、私も初めの頃は夫と旅行に行って、ケンカしてしまったこともありました。

気が合うと思って結婚していても、お互い違う環境で育った者同士なので、突き詰めていけば考え方の違いはたくさんあります。それを、「私が正しい」「あなたは間違っている」と、どちらが正しいかで競っても視点が違うだけなので永遠と答えはでないですし、お互い疲れてしまうだけです。

それよりも、「ああ、こういう考えもあるのか」とお互い違いを認めて、楽しむと楽しい旅になりますよ。自分一人だけでは、絶対に行かない場所も違う考えの人と行く旅行だからこそ見ることができます。こういうことを楽しんだ方が、何倍も楽しい旅になります。お互い、得意なことも違うと思うので、できることをやって、できないことを責めないことも大切です。

とはいえ、みんな完璧じゃないのでイライラしてしまったり、ケンカになることもあると思います。それを引きずらないことです。引きずってしまっていたら、あっという間に旅行は終わってしまいます。どちらかが怒ってしまっても、時間が経ったら忘れたことにして、今見ていること、今体験していることを楽しむようにしましょう。

旅行でケンカしてしまった体験が、ある意味お互いを知るきっかけにもなるので、ケンカしないようにというよりは、起きてしまってもすぎたら、笑って流しましょう。

参照|海外旅行英語習得に最適な勉強方法とは?

スポンサードリンク

リクルートの英会話学習:スタディサプリ

  • 3ヶ月以内の効果実感者が続々!
  • 満足できない場合は返金対応!
  • 定額利用料以外の費用はかからない!
  • 充実の機能を全レベル全講座受け放題!

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね