サンフランシスコはアメリカの西海岸にあり、日本から比較的行きやすい場所にあります。アメリカの中では大きなまちのひとつで、ゴールデンゲートブリッジなど日本人でも、誰もが一度はテレビや雑誌などで見たことがあるような、観光名所があります。その一方で自然保護の取り組みがしっかりされていて、自然も残っていて都会っぽすぎなくて過ごしやすい街です。

サンフランシスコの旅費

サンフランシスコへ旅行するのには、旅費はどれくらいかかるのでしょうか。サンフランシスコへの渡航費や、ホテル代などの宿泊費と、物価等を確認して見ましょう。

まず、サンフランシスコの物価ですが、ロサンゼルス等アメリカの都市部と同じくらいの物価だと言われています。為替相場にもよりますが、東京などの日本の都市部にくらべて少しやすいくらいと考えればよいでしょう。ヒッピー文化がある街でオーガニックフードを扱う店も多いため、若干他の街より物が高く感じる場合もあるようですが、それほど大きく変わるわけではありません。

食事代はシーフードを食べると、レストランで2人で食事した場合$100前後が相場です。高級料理店だと、2人で$200くらいが目安です。シーフードは屋台でも食べられるので、安く済ませたい人は屋台で食べる方法もあります。

渡航費

サンフランシスコへの往復の飛行機は時期にもよりますが、5万円前後からです。HISなどで格安航空券や、パック旅行も販売されています。海外旅行初心者はホテルと航空券がセットになっているパック旅行がおすすめです。HISなどの旅行代理店だと、わからないことを店員さんに直接聞けて、不安が解決できるのが嬉しいですね。

宿泊費

ホテル代は$100~200くらいが一般的で、多くの観光客はユニオンスクエアに泊まります。1部屋1泊の値段なので、2人で泊まると安くすることができます。もう少し安いホテルもありますが、中心部から遠いか古いホテルが多いです。ドミトリー形式(相部屋)であれば1泊$30くらいからとまれます。また、高級ホテルは$300以上する部屋もあります。

チップ制度

サンフランシスコはアメリカなのでチップ制度があります。レストランやタクシーは利用金額の15%、ホテルであれば荷物を運んでもらったりしたときに1回につき$1、ベッドメイクはベッド1つにつき$1程度が相場です。

サンフランシスコ旅行の注意点

メイン通りから外れると治安が悪い場所もあります。ガイドブックに載っていない場所にはいかないようにしましょう。また、夜のひとり歩きは危険なので控えましょう。サンフランシスコは同性愛の結婚が認められていて、同性愛者も多い地域です。街中で、オープンにしている人も多いので、多少驚くかもしれません。

おすすめの観光スポット

サンフランシスコのおすすめ観光スポットをご紹介します。外せない名所を中心に子連れの家族でも行ける場所もご紹介します。

ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコといえば!ゴールデンゲートブリッジですよね。1937年に建てられた、全長約2.7kmもある橋でサンフランシスコの象徴ともいえる橋です。橋をドライブするのもいいですし、近くまでタクシーで行って、写真を撮るのもおすすめです。近くへ行くとその大きさがよくわかります。

■ 基本情報
・住所: Lincoln Boulevard, near Doyle Drive and Fort Point, San Francisco, CA 94129
・料金: 車両通行料は約7ドル、近くから見るのは無料
・公式サイトURL: http://goldengate.org/translations/current/2015_JA.php

フィッシャーマンズワーフ

サンフランシスコへ行ったら、ぜひ食べたいのがシーフード。シーフードを食べるなら、ここです。19世紀から栄えている漁港で、観光名所になっています。観光客が楽しめる、ゲームセンターなどの施設も充実していて、子連れの家族でも楽しめる場所です。

■ 基本情報
・住所: Jefferson Street, Between Hyde and Powell Streets, San Francisco, CA 94133
・公式サイトURL: http://www.visitfishermanswharf.com/

ユニオンスクエア

サンフランシスコの中心とも言える場所で、広場になっています。この広場でのんびり、休んでいる人もいますし、周囲にはショッピングセンターもあります。ホテルもこの周辺が多いので便利な場所です。

■ 基本情報
・住所: Bordered by Powell, Stockton, Post and Geary Streets, San Francisco, CA 94123
・公式サイトURL: http://unionsquareshop.com/

アルカトラズ島

サンフランシスコ湾にある小島で、昔実際に監獄として使われていた島です。「脱獄不可能の監獄島」といわれ、凶悪犯が投獄されていた場所です。今は、博物館になっていて当時の様子を知ることができます。島なので、フェリーを使っていく必要があるので、事前にツアーや時間など調べてから行くことをおすすめします。

■ 基本情報
・住所: Bay Street and Embarcadero, Pier 33 Alcatraz Landing, San Francisco, CA 94133
・営業時間: フェリーは9:00~16:00頃まで
・料金: 大人26ドル~/子供20ドル~/シニア20ドル~
(※ツアーにより異なる)
・公式サイトURL: http://www.nps.gov/alca/index.htm

サンフランシスコ近代美術館

近代美術を集めた美術館です。彫刻など様々な種類のアートが展示されています。お土産ショップには、センスあふれるものが並んでいて、ショッピングスポットとしてもおすすめです。建物は建築家のマリオ・ボッタ氏が設計していてユニークと話題です。

■ 基本情報
・住所: 151 Third Street, San Francisco, California
・営業時間:11:00~17:45
・料金: 大人18ドル/シニア13ドル/子供無料
・公式サイトURL: http://www.sfmoma.org/

ロンバードストリート

世界一曲がりくねった道といわれる道です。観光で来ている車しか通らないんじゃないかと思うくらいに曲がりくねっています。道の間には花が植えられていて、写真スポットしても人気です。レンタカーを借りている人は、車でこの道を通って見てはいかがでしょうか。

■ 基本情報
・住所: Lombard St, San Francisco, CA 94133
・公式サイトURL: http://www.sftodo.com/lomabardcrookedstreet.html

チャイナタウン

アメリカの中でも大きな規模のチャイナタウンです。アメリカに行って、中国の雰囲気も味わえるスポットです。雑貨などショッピングも楽しいですし、中華料理のレストランで飲茶をするのもおすすめです。アメリカ料理にあきたら、チャイナタウンへ行ってみては?

■ 基本情報
・住所: Grant Avenue, San Francisco, CA 94108
・公式サイトURL: http://www.sanfranciscochinatown.com/

まとめ

サンフランシスコは大きな街ですが、自然も残っていて過ごしやすい街です。チャイナタウンや、同性愛者が多い場所など、様々な文化が入り混じっている場所です。ゴールデンゲートブリッジは、人生で一度は見ておきたい観光名所です。ケーブルカーなど公共の交通手段もあるので、子連れの家族でも安心して楽しめる場所です。ハワイやニューヨークなど、ど定番ではないけれど観光地が沢山あり楽しめる場所です。

当サイト人気No1コンテンツ

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね