ハワイやグアムと並んで、人気の海外旅行先のサイパンは常夏の島です。日本から約3時間で行ける場所なので、沖縄へ行く気分で気軽に行くことができます。旅費も、他の海外に比べて安く済むので、予算が少なくても行ける近場の海外旅行先です。

とにかく自然がいっぱいで海がきれいなのがサイパンの魅力。ハワイのように、観光的なところは少ないけれど、それが逆にサイパンのよさです。マリーンスポーツなど自然に包まれでゆっくりしたい人におすすめの旅行先です。

観光地やショッピングができるような場所は少ないので、施設が整った子供向けの観光地で家族旅行を楽しみたいという人にはあまり向いていません。同じ子連れでも、子供も一緒に自然の中で遊びたい人にはサイパンはとってもいい場所です。

サイパンの旅費

サイパンへの旅行費用はどれくらいかかるのでしょうか?3泊4日の旅行費用は10万円前後です。ホテルのランクや日にちが多い場合、またハイシーズンなどは20万円以上かかる場合もあります。逆に、HISなど格安旅行会社で安いツアープランを見つけると5万円前後で行けちゃう場合もあります。

マリーンスポーツを楽しみたい場合はサイパンではグアムやハワイより、リーズナブルな費用で楽しむことができます。観光客がグアム、ハワイにくらべて少ない分、全体的に予算を少なくすることができるのもサイパンの特徴です。

渡航費

渡航費用はLCCなどの格安航空券を使うと往復5万円以下からあります。一方で、一般の航空会社の正規料金で航空券を購入すると航空券だけで10万円以上する場合もあります。どこにお金をかけたいのか、どんなプランで旅行をしたいのかしっかり考えて、予算の配分を決めましょう。

宿泊費

宿泊費は$70くらいからあります。高いランクのホテルでも$180くらいから泊まれるので、ハワイなどに比べてサイパンは予算を抑えることができます。

プチホテルはキッチンがついているので、長めに滞在する場合は自炊して食事の費用を安くおさえることもできます。ホテルのランクによって中心地から離れたホテルになる場合や、夜治安が悪くなる地域のホテルもあるので、事前に口コミをチェックしてホテル選びをしましょう。

食事代

食事の予算はランチは$10、ディナーは$20くらいが目安です。チップも基本的に必要で、料金の15%程度が目安です。

サイパン旅行の注意点

日本で普通のことも文化が違えば、犯罪になってしまうこともあります。サイパンではビーチで写真撮影はできますが、未成年が写ってしまうと犯罪になります。この点は特に注意する必要があります。

サイパンは基本的には治安は良い方ですが、犯罪が全くないわけではありません。日本語が話せる人が多いので、気軽に自分の個人情報(ホテル名、部屋番号)などを街中で話さないようにしましょう。バーなどで、日本語で呼び込みをしている店もありますが、ぼったくりバーもあります。呼び込みをするお店にはなるべく入らないように、入る場合は金額を事前に確認しましょう。

おすすめの観光スポット

サイパンのおすすめ観光スポットをご紹介します。定番のビーチから、サイパンの自然や海を満喫できる観光名所や、そしてお土産も買えるナイトマーケットもご紹介します。子連れの家族が楽しめるスポットもありますよ。

グロット

海の洞窟です。青の洞窟ともいわれ、ダイビングスポットとしてとても有名な観光名所です。外側の洞窟だけでも見る価値があるのですが、是非潜ってみたい場所です。ダイビングのライセンスがなくても、シュノーケリングツアーで海の中を体験することができます。

サイパンで発見された大きな海洋生物はほとんど、このグロットで発見されていて、神秘的な空気が漂う場所です。夏は光が降り注ぎ、水中がカーテンのように見えるのですがそれもまた絶景です。ツアーに参加して訪れてみてください。

■基本情報
・住所:Grotto Dr Saipan
・料金:ツアーのお店によって違いますが$30くらいからです。

PICサイパン(Pacific Islands Club SAIPAN)

ホテルの敷地内にある大型リゾート施設です。プールやウオータースライダー、ゴルフ場などの様々なアクティビティーができる施設があります。キッズプールなど子供が楽しめる施設が充実しています。宿泊者限定ですが、5才までの子供がいる家族のみが楽しめるキッズラウンジなどもあります。浮輪やシュノーケリンググッズ、カヌーまで必要なものはほとんどレンタルできます。子連れでのサイパン旅行で安心して遊べるスポットです。

■ 基本情報
・住所: Beach Rd., San Antonio, 96950, Mariana Islands
・アクセス: サイパン国際空港から車で約10分
・電話番号: 670-234-7976
・公式サイトURL: http://www.picresorts.jp/pic_saipan/

ガラパンストリート・ナイトマーケット

サイパンの中心街、ガラパンエリアのガラパン教会前のフィッシングベースで毎週木曜日にナイトマーケットが開催されます。ポリネシアンダンスショーが見られたり、民芸品、特産品などの屋台がたくさん並びます。ローカルフードやバーベキューなど食べ物の屋台もあり、色々楽しめるマーケットです。安い物が多く、お土産探しにもおすすめです。

■ 基本情報
・住所: Garapan, Mariana Islands
・営業時間:毎週木曜日の17:00頃~21:30頃まで

マイクロ・ビーチ

サイパンへ行ったら、外せないのがビーチですよね。マイクロ・ビーチはガラパンエリアにあるビーチです。ハファダイビーチホテルからハイアットリージェンシーホテルの前まで広がっていて1kmほどの長さです。白い砂浜が綺麗で、1日に7回色が変わるといわれています。

整備されていて綺麗で、遠浅で波が穏やかなビーチなので、子連れの家族でも安心して楽しめます。バナナボートや、ウエイクボードなどのアクティビティーもできます。

■ 基本情報
・住所:Micro Beach Road, Garapan, Saipan 96950
・アクセス: ガラパン中心地から徒歩約5分

禁断の島 (Forbidden Island)

サイパン北部の海岸にある島です。自然保護のため海洋保護区に指定されていますが、観光客も行くことができます。シュノーケリングもできますし、ハイキングコースもあります。洞窟には天然のプールもあります。ツアーで行くことがおすすめです。サイパンの自然をゆっくり感じたい人にはおすすめのスポットです。

■ 基本情報
・住所:Forbidden Island Saipan
・アクセス:サイパン国際空港から車で約10分

まとめ

いかがだったでしょうか?サイパンは、自然がたくさん残っていて、ハワイなどより静かに海や自然を満喫できます。日本からも約3時間と近く、国内旅行の気分で行けちゃう場所です。海外旅行が初めてで、とにかく海を満喫したい!自然を味わいたいという人にはすごくおすすめの場所です。

当サイト人気No1コンテンツ

執筆者worldtravelerの詳細
worldtraveler紹介してね